ファミレスの勢いが止まらない。ガストを筆頭に各社が復活の兆し

tempo20180611
 

ファミリーレストラン各社の業績が好調です。これを受け、「ファミレス戦国時代が再び到来」とするのは、店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さん。佐藤さんは自身の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』で、先日出揃ったファミレス大手6社の2017年度決算を丁寧に読み込み、各社の「好調の理由」を分析しています。

ファミレス戦国時代が再び到来。各社が勢力拡大に躍起

ファミリーレストラン主要6社の2017年度決算(サイゼリヤが17年8月期、すかいらーく、ジョイフル、ロイヤルホールディングスが17年12月期、セブン&アイ・フードシステムズが18年2月期、ココスジャパンが18年3月期)が出そろいました。

【17年度売上高】
※ロイヤルホールディングスのみ外食事業売上高、カッコ内は主力ブランド

  • すかいらーく(ガスト):3,594億円(前年比1.4%増、国際会計基準)
  • サイゼリヤ(サイゼリヤ):1,483億円(同2.3%増)
  • セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズ):801億円(同2.7%減)
  • ジョイフル(ジョイフル):656億円(同1.7%増)
  • ロイヤルホールディングス(ロイヤルホスト):621億円(同0.3%減)
  • ココスジャパン(ココス):582億円(同0.4%減)

families-sales

【17年度既存店売上高前年比】

  • すかいらーく:100%
  • サイゼリヤ:102.6%
  • デニーズ:101.0%
  • ジョイフル:99.3%
  • ロイヤルホスト:102.0%
  • ココスジャパン:98.5%

17年度は各社とも概ね好調でした。

すかいらーく

すかいらーくは全社売上高が前年比101.4%、既存店売上高が同100.0%でした。店舗数が77店増えたほか、全店舗の1割にあたる295店で改装を実施し店舗環境が改善したことが寄与しました。また、働き方改革の一環として、全店舗の2割にあたる581店で深夜営業時間の短縮を実施しましたが、1%程度の売り上げが減少したものの、利益への影響は限定的だったといいます。

サイゼリヤ

サイゼリヤは全社売上高が前年比102.3%、既存店売上高が同102.6%でした。店舗数が51店増えたほか、年度末まで15カ月連続で既存店売上高が前年同月を上回るなど1店1店の収益力が向上したことが寄与しました。また、自社株を使ったインセンティブプランを導入するなどで従業員の意欲や士気を高め顧客視点でのサービス強化などに努めたことが奏功したといいます。

セブン&アイ・フードシステムズ

セブン&アイ・フードシステムズは全社売上高が前年比97.3%、デニーズの既存店売上高が同101.0%でした。全店舗の1割弱にあたる66店が減ったことが響きました。そのうち主力のデニーズは9店減っています。また、既存店客数が1.7%減った一方で既存店客単価が2.8%上昇したことで既存店売上高はプラスとなりました。

ジョイフル

ジョイフルは全社売上高が前年比101.7%、既存店売上高が同99.3%でした。主力のジョイフルを中心に店舗数が22店増えたことが寄与しました。一方、全店舗の1割強にあたる108店で改装を実施するなど店舗環境の改善を図ったものの、既存店客数が2.3%減ったことが影響し、既存店売上高はマイナスとなりました。

ロイヤルホールディングス

ロイヤルホールディングスは外食事業の売上高が前年比99.7%、ロイヤルホストの既存店売上高が同102.0%でした。既存店客単価が3.7%増加したことが寄与し、既存店売上高はプラスとなりましたが、ロイヤルホスト店舗が3店減ったことなどが影響し、外食事業の売上高はわずかにマイナスとなりました。

ココスジャパン

ココスジャパンは全社売上高が前年比99.6%、既存店売上高が同98.5%でした。店舗数が3店増えたものの、夏期商戦期間中の天候不順や10月の台風、冬期の全国的な雪の影響などで既存店客数が4.2%減ったことが響きました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ファミレスの勢いが止まらない。ガストを筆頭に各社が復活の兆し
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい