【UFO】ついには国会にまで。軍事アナリストが語る最新UFO事情

shutterstock_99828914
 

古今東西、UFOの目撃談を上げれば枚挙に暇がありませんが、はたしてその真相は? 軍事アナリストの小川和久さんがメルマガ『NEWSを疑え!』の中で、数々の目撃談や疑問点などを挙げながら冷静に解説しています。

UFO──最近の事情は??

国際変動研究所理事長 軍事アナリスト 小川和久

Q:2015年4月1日、参議院予算委員会でアントニオ猪木氏が中谷元・防衛大臣に「UFO(未確認飛行物体)にスクランブルをかけたことがあるか」と質問。中谷防衛相は「地球外から飛来したと思われる未確認飛行物体を発見した事例については承知をしていない」と答弁しました。UFOについては、眉にツバをつけて半信半疑で話題にしたりすることが多いのですが、国会質問にまで出るとは思いませんでした。たまにはUFO最近事情を振り返っておくのも一興でしょう。

小川:「UFOに関するアントニオ猪木氏の国会質問は、産経新聞やスポーツ紙などが報じたほか、英『デイリー・メール』紙米CNNなども伝えました。質問した日がエイプリルフールの4月1日。また、猪木氏がブラジルのコーヒー園で働いていた少年時代にUFOを見た、知人に宇宙人からチップを埋め込まれた人がいる、などと『体験談』を語ったこともあって、半ば冗談まじりに受け取った人も少なからずいたでしょう」

「UFOにスクランブルは?」猪木氏、防衛相にまじめに質問(産経新聞サイト 2015年4月1日)

猪木氏が国会で大マジメ「UFO質問」(東スポWeb 4月2日)

Aliens have never tried to invade from space: Japan’s defense minister(The Japan Times 4月2日)

Alien spacecraft have NEVER invaded Japan: Country’s own defence minister forced to answer questions in parliament about possible aerial invasion(Daily Mail Online 4月2日)

Rest easy Japan: No sign of space invaders(CNN 4月3日)

小川:「実は、たまに私もテレビからUFOの話をしてほしいと依頼されることがあり、そんなときは『実録・自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』(2010年、講談社)という著書のある佐藤守さん(防衛大学校7期生、元空将)を紹介するようにしています。佐藤さんはF-86F、F-4EJ、F-1などで飛んだ戦闘機パイロットで、田母神俊雄氏(元航空幕僚長)の上司だったこともあり、UFOを何度か見たといっている人です。『金正日は日本人だった』なんて本も書いています。私自身はUFOに詳しいわけではありませんが、今回は知っている範囲でお話しすることにしましょう」

「実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO」佐藤守著(日刊ゲンダイ 2015年1月6日)

ロズウェル事件で火がついた

Q:有名なUFO遭遇事件がいくつかありますね。紹介してください。

小川:「世界的にもいちばん有名なのは、ロズウェル事件でしょう。これは1947年7月に米ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件です」

「1947年7月8日にロズウェル陸軍飛行場が発表したプレスリリースで『第509爆撃航空群の職員がロズウェル付近の牧場から潰れた空飛ぶ円盤(flying disc)を回収した』と発表したのですが、数時間後に第8航空軍司令官が『職員が回収したのは空飛ぶ円盤(flying saucer)ではなく、気象観測用気球だった』と述べたことが発端とされています」

「その後、1970年代末ころに残骸の回収に関わったという人物が、軍は異星人の乗り物を秘密裏に回収したと証言したことから騒ぎが大きくなり、その後、さまざまな憶測が飛び交い、それなりの研究、調査などが重ねられ、多くの本が書かれました。空飛ぶ円盤の墜落から、異星人の死体の回収、軍による隠蔽工作、生きた異星人の存在などと、話がどんどん広がっていったのです」

「ロズウェル事件は、映画、テレビドラマ、小説などでも盛んに取り上げられています。エリア51と呼ばれるネバダ州南部のグルーム・レイク空軍基地にロズウェル事件と関係するUFOの残骸、または異星人の遺体があるという話もその1つです。これは基地従業員の証言で明確に否定されています」

「ロズウェル事件に対するアメリカ政府の公式見解は、1997年6月24日にアメリカ空軍参謀本部が提出した報告書としてまとめられています。この結論は、1947年7月に回収されたのは極秘の調査気球で、宇宙人の死体の回収と解剖は捏造であり、1956年6月26日に起こった航空機墜落事故との記憶の混同がある、というものでした」

ロズウェル事件(Wikipedia)

ロズウェル付近で回収された残骸(左)は、米軍の極秘の調査気球に吊るされたレーダー反射材と確認された(米空軍『ロズウェル・リポート─事件解決』p.7)

>>次ページ 日本の政府調査線が遭遇したUFOの正体とは?

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【UFO】ついには国会にまで。軍事アナリストが語る最新UFO事情
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい