小児期に睡眠不足だった子は大きくなると太りやすいという衝撃データ

 

3歳の時と6歳時の身長と体重、及び睡眠時間や睡眠障害について分析したところ、そのうちの18%は6年次に過体重になっていました特に3歳時および6歳時に睡眠時間が短い場合6年次になると過体重になっている頻度が高いことが明らかになりました。

6歳時に睡眠時間が1時間長くなると6年次の過体重になる頻度が20%低下しており、また3歳時に睡眠が1時間長くなると、6年次には過体重になる可能性が40%も低下していたそうです。

この結果から、睡眠障害というほどではないのですが、小児期に睡眠時間が短いと過体重になるリスクが高まると結論されています。

また、逆に小児期に十分な睡眠時間を摂る事が肥満予防に役立つとされています。

小さいお子様をお持ちの方、是非十分に睡眠を取らせて上げてくださいませ。

image by: Shutterstock

 

Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報
こっそり、目からウロコの情報をお教えします。世界の医学誌からの信頼情報のみです。専門家も知らない情報を先取りして、健康維持に。
<<登録はこちら>> 

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 小児期に睡眠不足だった子は大きくなると太りやすいという衝撃データ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい