京の都に響く烏の声。最強の数字9が並ぶ日に上賀茂神社で何があるか?

800px-Kamo-wakeikazuchi-jinja12n4272
 

日本では昔から奇数が吉数であると崇められてきました。その「最高の数字」が9とされ、9月9日の「菊の節句」は、最も縁起のいい数字が重なった日でもあります。無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、その日に行われる上賀茂神社の行事「烏相撲」が紹介されています。

9月9日「菊の節句」

日本では昔から数字にまつわる行事や祭りが沢山あります。日本独自のものもあれば、中国から伝わったものもあります。例えば15という数字は月が新月から満月にかかる日数なので完全を表すと考えられてきました。日本人は8が末広がりで縁起がいい数字とされています。でも実は偶数よりも奇数の方が吉数として崇められてきました。七五三などが奇数なのも奇数は吉数だとされたことの由来です。特に奇数の最高の数9は極めて大切にされ、9が重なる9月9日は「菊の節句」、重陽(ちょうよう)となります。朝廷のことはご存じのとおり九重といいます。これもまた吉数の最高の数字が重なることを意味しています。一般的には9は苦などと言われることがありますが、それはただの語呂合わせのようなもの。我々はこうした多くの意味のある数字に以外と守られているのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 京の都に響く烏の声。最強の数字9が並ぶ日に上賀茂神社で何があるか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい