真空パックのとうもろこしがアッという間に屋台の味になる方法

0501_gr_ec
 

すでに夏のような気候が続いていますが、夏の楽しみといえばお祭り、お祭りといえば夜店の屋台ですよね。今回の無料メルマガ『独身男性が自分で作る簡単! 腹いっぱい! ガッツリレシピ』では著者でプロの料理人のgatugatu佐藤さんが、スーパーで売っている真空パックのとうもろこしを、たったひと手間で屋台の味に変えてしまう魔法のレシピを紹介しています。

簡単! とうもろこしのしょう油焼き

5分でできるビールのあてを暴露します! gatugatuです。今回は「とうもろこしのしょう油焼き」です。お家で屋台の味を再現します。

とうもろこしは、6月頃から旬に入ります。なので、まだ旬に入ってないこの時期に扱うのは茹で済みの“真空パックのとうもろこし”。これ、そのままで食えるので茹でたりする手間がありません。料理するのに楽です。

とうもろこしは、収穫後時間が経つにつれ糖分がでんぷんに変わるので甘みが減ります。収穫後すぐ、加工してある真空とうもろこしは甘みが強いです(まれにハズレがありますが……)。これを、レンジ加熱し、網でしょう油を付けながら炙り焼きにします。とうもろこしの甘みと濃い口しょう油の香ばしさが良く合います。“炙り焼き”にするだけで香ばしくなり、“屋台”と同じとうもろこしが味わえます。ビールのおともに最適の一品料理です。

私は、とうもろこし大好きなのですが、スキッ歯なので、歯の間に詰まるのがちょっと嫌なんですけどね。食べてる最中は、そんなことどうでもいいと思うくらい美味しい、「とうもろこしのしょう油焼き」の作り方説明します!

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 真空パックのとうもろこしがアッという間に屋台の味になる方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい