「なんで戦争しちゃダメなの?」子に聞かれたら答えられますか?

0809_  ehon
 

日本で8月といえば「平和」を考える月であり、子供と一緒に戦争について考えるいい機会でもあります。今回の無料メルマガ『育児に成功する【楽しい子育て絵本講座】』では著者の山口りかさんが、今後さらにグローバル化するであろう社会に生きる子供たちに読んでほしい、海外の著者が描いた戦争についての絵本を紹介しています。

地球規模で伝わる戦争の恐ろしさ

こんにちは、

子育て絵本アドバイザーの山口りかです。

日本では、8月は平和を考えることが多い月ですよね。8月6日の広島の原爆の日8月9日の長崎の原爆の日8月15日の終戦の日と、戦争に関することが多い月だからでしょうね。

戦争の悲惨さを伝えたり平和の素晴らしさを伝える絵本はたくさんあります。ただ、多くの場合、日本人の体験や日本側の体験が描かれている絵本ではないでしょうか。

海外の人の戦争観を知ると、平和についても、親子でグローバルに体験でき考えることができるのではないでしょうか。ピューリッツァー賞受賞作家、アリス・ウォーカーが文章を書いた、『なぜ戦争はよくないか』というストレートなタイトルの絵本を紹介します。

61y8eArxPbL

なぜ戦争はよくないか』 
作:アリス・ウォーカー 絵:ステファーノ・ヴィタール 
訳:長田弘/偕成社

内容紹介

つねに弱いものの立場にたって、社会に問いかけてきたアリス・ウォーカーが、2001年9月11日のテロ攻撃に対して、自国アメリカがおこなった報復の現実を知る。そこには、平和だった毎日の暮らしを破壊され、親を亡くし、さまよう子どもたちの姿があった。

 

「戦争」が何なのか、わからないままに巻きこまれ、傷つく子どもたちをこれ以上ふやしたくない─、アリスの強い思いにステファーノ・ヴィタールが心にせまる絵でこたえた一作。
(Amazonより)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「なんで戦争しちゃダメなの?」子に聞かれたら答えられますか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい