立派な病気「スマホ中毒」から子供を守るため親が今すぐすべき事

shutterstock_94638583
 

子供達とスマホやパソコンとの付き合わせ方は、まず最初にそれらを買い与える親の「意識」をしっかり固めておかないと後悔することになるかもしれません。昨今、全世界規模で騒がれている「スマホ中毒」について、しっかり考えていますか?今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、そんな「スマホ中毒」について実体験を元に考察しています。

スマホ中毒

さて、本日は最近現れた中毒症状のお話

中学や高校になって、スマホやパソコンを買い与えたご家庭も多いと思います。その後、お子さんとスマホの関係はどうでしょうか?

最近は、

  • スマホ中毒

が社会的…世界的な問題になっています。LINEやらインスタやらが気になって片時もスマホから手が離せなくなることです。離せないどころではなく

  • 毎日何時間もスマホに触っている
  • 生活リズムがガタガタ
  • 睡眠時間も削ってしまう
  • 学校に行かなくなる

ホントにものすごいことになってきているんですね。しかも、日本だけではなく、他のアジアの国やアメリカヨーロッパなどでも同じようです。

そうすると、親のしつけの問題とか社会のあり方とかカンケーないことになりますよね親のしつけ方やその厳しさなどは、国によって大きく異なるはずなのに、一様にスマホ中毒患者を生んでいるわけですからね。なので、「私のしつけが悪かったのかな…」と

  • 自分を責めるのは止めましょう

真面目な気質の日本人の親は、いかにもこういう自罰的なことを考えそうですが、それは誤解です。

中毒性があるということは

  • ほどほどに付き合うのがとても難しい

ということです。そして、ひとたび中毒になれば

  • 自分の意志だけでは抜け出せない

ということでもあるのです。アルコールやギャンブルなど、大人の世界の中毒と同じですよね。しかるべき医者や更正施設のサポートを受けて何年もかけて治すのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 立派な病気「スマホ中毒」から子供を守るため親が今すぐすべき事
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい