性格や感情そのままで違う身体は生きているのか、死んでいるのか

shutterstock_1135346732
 

薬学部に進みながら哲学や心理学などの本を読み漁り、人間とは何かを考え、どのように行動するべきなのかを大学生活の4年間で考え抜いた小原一将さんが、メルマガ『人間をとことん考える(人間論)』の中で今回考えているのは「死」についてです。肉体としての死と魂の死、主観的な死と客観的な死、生と死の間の状態など、秋の夜長の思索にふける小原さんとともに、「死」を哲学してみてはいかがでしょうか?

「死」についてつらつらと考えてみる

「死」についての本を読んでいるので久しぶりに「死」について考えてみる。その本を読んでいるうちにまた気づくことがあるかもしれないが、読んでいて思ったことをつらつらと。

「死」というのは肉体的なもの、つまり身体が機能を停止するという考え方と、精神的なもの、つまり魂が存在しており身体が機能を失っても魂は残るため完全に死ぬことはないという考え方があると書かれていた。

「魂」という考え方は広く人類に普及しているように思うが私はその考え方に賛同していない。もちろん「魂」というものがあれば神秘的で興味深く、そして「死」というものが受け入れなければならないハードルではなくなるのだろう。

だが私にとって「魂」があるかどうかはあまり興味がない。はっきり言ってしまえば「死」という恐怖から逃れるために作られたものであるようにすら思っている。(これは多分に感覚的なものなので異論反論あるだろうが思考を先に進める)

「魂」の存在を否定すると、肉体的に死んでしまえば全てが終わりであると言えることになる。そこで一つ思ったのが、私というこの性格や感情のまま違う身体に置き換わったとしたらそれは生きているのだろうか?死んでいるのだろうか?おそらくほとんどの人が生きていると答えるのではないか?例えば今のあなたの性格や感情を持った犬やロボットが存在すればあなたは生きているだろうか?

ここでさらに疑問として浮かんでくるのが、自分から見る自分と他者から見る自分は違うかもしれないということ。以前にも例として書いたがカフカの変身のように人が生理的に受け付けないものに変わってしまった場合どうだろうか?

確かにいわゆるあなたの人格は存在しているが、他者から見た時にあなたであると思える人は少ないだろう。それは論理的にあなたであると思っている、もしくは思おうとしているが感情的にはあなたであるように思えないということ。つまり個体として生存しているがあなたではない。しかし、あなたにとってはどんな姿になろうともあなたである。

すると、生きていると思える状態が生きている状態と言えなくもないように思う。誰かが生きているかどうかという議論は心臓の動きや動向の反射など客観的に片付けることも出来るが、大いに主観的な議論にも発展するのではないだろうか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 性格や感情そのままで違う身体は生きているのか、死んでいるのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい