中国の好きにはさせぬ。米が対ロ関係悪化を承知で阻止したいもの

kitano20190205
 

2月1日に行われた米国の「INF条約から正式離脱」という一方的ともとれる発表はロシア側の反発を強め、米ロ関係悪化は避けられない状況となっています。これを受け国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、INF条約を巡る米ロの攻防や、今このタイミングでトランプ大統領が米ロ関係悪化を受け入れてまで阻止したい「中国」というもう一つの脅威について、詳細に解説しています。

アメリカがINF条約から離脱する理由

アメリカ・トランプ政権がINF条約からの離脱を宣言しました。

INF離脱、NATO「全面的に支持」 ロシア対抗措置を警告

毎日新聞 2/2(土))11:53配信

【ワシントン会川晴之、モスクワ大前仁、ブリュッセル八田浩輔】

 

トランプ米政権は1日、ロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を正式に発表した。ロシアの条約違反を理由にしており、北大西洋条約機構(NATO)も米国の決定を「全面的に支持」する声明を発表。一方でロシアは反発を強め、対抗措置を警告した。

今回は、これについて考えてみましょう。

INF条約ってなんですか?

まず、基本から理解しましょう。INF条約って何でしょうか?「中距離核戦力全廃条約(Intermediate-range Nuclear Forces、INF)」のこと。1987年にアメリカとソ連の間で締結されました。背景は?「FNN PRIME2018年10月21日」に、フジテレビ解説委員 能勢伸之さんの解説が載っています。

1976年、旧ソビエト連邦は、米ソ戦略核制限条約(SALT II)で、三段式SS-16大陸間弾道ミサイルと共通コンポーネントを使った二段式の中距離弾道ミサイルSS-20を就役させた。最大射程は約5,000kmとされ、5,500km以上とされる大陸間弾道ミサイルの範疇には入らない。従って、戦略核兵器には当たらず、当時の戦略核制限条約の範疇外であり、同条約で生産や配備に制限を掛けることができない兵器だった。

なんかよくわかりませんね。射程距離5,500km以上は、「大陸間弾道ミサイル」(ICBMに分類されます。米ソ冷戦時代、ICBMは、両国を完全破壊することができる。それで、第一次戦略兵器制限交渉が行われ、1972年に締結されました(SALT1)。

ところが、ICBMつまり5,500kmよりも短い射程のものは制限がない。つまり中距離核ミサイルは、いくらでもつくれる。そうなると、たとえば、アメリカの同盟国であるNATO諸国日本などが危険にさらされます。で、どうしたか?

米本土には届かないが、米の同盟国・NATO諸国や日本には優に届く。これは、米国が同盟国に約束してきた拡大抑止“核の傘”の信頼性を損なうものだった。そこで、NATOは1979年、米本土ではなく、NATO欧州諸国に配備すれば、ソ連に届くパーシングII準中距離弾道ミサイルとトマホーク巡航ミサイルの地上発射型グリフォン巡航ミサイル・システムの開発と配備、そして、ソ連と交渉を行うという「二重決定」を1979年に行った。
(同上)

一方で、「俺たちも中距離弾道ミサイルを配備するぞ!」と脅しつつ、交渉のテーブルに引き出したと。結果は?

米ソがINF条約に署名したのが、1987年11月8日。結果は、中曽根首相の主張通り欧州に限定せず、米ソ(後にロシア)は、射程500kmから5,500kmの地上発射弾道ミサイルと巡航ミサイルを全廃することで合意。
(同上)

めでたく中距離核戦力全廃条約」(=INF条約締結となったのであります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国の好きにはさせぬ。米が対ロ関係悪化を承知で阻止したいもの
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい