力を合わせ、補い、刺激する。あなたの「組織」を最強にする方法

shutterstock_554736283
 

現代社会では多くの人が、会社、教育機関、スポーツのチームなど、何らかの組織に所属しています。しかし、「組織とはどういうものか」と問われたら、明確に答えられる人は案外少ないのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『起業教育のススメ~子供たちに起業スピリッツを! 』では著者の石丸智信さんが、組織が成立する条件、組織で活動する意味、組織と集団の違いなどを詳しく解説しています。

組織って何だろう?

企業に所属する方々が受講する研修の中では、改めて、組織について考える内容が取り上げられることがあります。その内容として具体的には、

  • 組織とはどういったものか
  • 組織が成立する条件
  • 組織として活動する意味

などについて取り上げられていました。本号では、その内容を踏まえて、組織について考察していきたいと思います。

組織とは?

「組織」と聞くと、どのようなイメージがあるでしょうか。会社組織など、多くの人たちが集っている、というイメージが強いのではないでしょうか。チェスター・バーナード氏の定義によると、

組織とは、少なくとも一つの明確な目的のために、二人以上の人々が協働することによって、意識的に調整された人間の活動や諸力の体系である。

と言われています。分かるようで分かりにくいですね。

何らかの目的目標などに向かって協力していく二人以上の人たちが組織だと捉えると、会社組織やスポーツの組織だけではなく、家族も組織のひとつだと言えますね。

組織が成立する条件とは?

チェスター・バーナード氏が挙げている「組織が成立する条件」には3つあります。その3条件とは、

  • 共通目的
  • 貢献意欲
  • コミュニケーション

です。上記の定義や、この条件からも、ただ複数の人が集まるだけでは集団であり、組織とは言えませんね。やはり、集団が組織となっていくためには、そこに集った人たちが、共通した夢やビジョン目的などを明確にするとともにその方向を目指していくことが必須だと言えます。

一人ひとりがバラバラの方向を見ていたら、お互いに協力することもできないと思いますし、組織と言えないでしょうね。また、集まった人たちが、お互いに貢献しようとする意欲を持っていることも、組織となるために必要なことでしょう。

「オレが、俺が」と言って利己的な行動をしているような集団は、いずれ空中分解していくことになるでしょうね。集団に属する人たちが、利他の心を持って接し協力していくことによってただの集まり集団組織へと変わっていくのではないでしょうか。

そして、組織となるための基盤、土台となるのが、コミュニケーションだと思います。組織に参加する人々が、相互に意思を伝達できることが、組織にとって重要なことと言えますね。

例えば、企業だとすると、リーダーが怒りっぽい、批判的だとすると、メンバーが、リーダーに自分の意見や提案などを伝えようとしても、「怒られるのではないか」「反対されるよ」などと思ったとしたら、自分の意思を伝達することはできないですね。

これは、職場におけるリーダーとメンバーの関係だけでなく、親子関係にも通じるのではないでしょうか。組織が円滑に機能するためには、コミュニケーションをはじめとして、風通しのいい組織風土をつくっていくことが必要でしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 力を合わせ、補い、刺激する。あなたの「組織」を最強にする方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい