韓国に黄信号。日米朝の信頼を失った文在寅大統領の早すぎる寿命

 

韓国における反日パフォーマンスは、日本でもよく報じられていますが、日本以外の国はたいてい「またか」ぐらいで、ほとんど気にしていません。日本では韓国と断交すべきという声までありますが、挑発の罠に嵌らないほうがいいという意見もあります。

いずれにせよ、外から相手にされなくなると内ゲバに変わるのが必至の国です。コップの中の嵐が多いことは、戦後史だけを見てもわかります。日韓合邦時代の反日・抗日の指導者たちはほとんどが政敵によって暗殺されてしまったため、戦後の韓国建国で李承晩が政権を握ることが出来たわけです。

その後は同じ民族同士の殺し合いである朝鮮戦争が起こりました。そして現在は日米からも北朝鮮からも距離を置かれるようになっているわけです。韓国経済の破綻も噂されており、何が起こるかわかりません。

先週のメルマガ「詰んだ韓国。サムスン営業利益60%減の衝撃と文大統領の暗い命運」では半ば冗談で、「文在寅はアメリカに亡命を依頼しに行くのではないか」と書きましたが、文在寅政権の終焉は意外と早いかもしれません。

image by: Flickr

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年4月16日号の一部抜粋です。初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込648円)。

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

※ 初月無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2019年3月配信分

  • なぜ中国は経済減速でも軍事・治安維持費の増大が不可避なのか/社会主義の中国で愛人文化が流行る理由(3/5)
  • 蔡英文「日本との安全保障対話を進めたい」日米台印連携で中国は軍拡で潰れる(3/12)
  • ひまわり学生運動から5年、台湾・香港・ウイグルで起きた大きな差/米中貿易戦争以後の日本・中国・台湾の未来(3/20)
  • 中国への警戒感高まる欧州、それでもカネで歓心を買う中国/美談をでっち上げても誰も信じない中国(3/26)

2019年3月のバックナンバーを購入する

2019年2月配信分

  • 中国で最先端科学が発展する恐ろしい理由/外国を知っても中国人は中国を変えられない(2/6)
  • 「日本に国王を奪われた」と嘘の歴史で天皇侮辱を正当化する韓国/国民監視と同化政策の中国は確かに「人類の恥」(2/12)
  • 中国でまたもや発覚した日本人拘束(2/20)
  • 中国が喜び、台湾に懸念が広がった沖縄県民投票/習近平の失態で支持率回復した蔡英文と台湾の行方(2/26)

2019年2月のバックナンバーを購入する

2019年1月配信分

  • 武帝時代に広がった貧富の格差(1/1)
  • 文在寅政権と対決することは必然だった日本/「一国二制度」を台湾が受け入れられない理由(1/8)
  • 中国が世界一の科学国となることは人類の不幸/「日本語世代」が減少しても台湾人の日本好きは変わらない(1/16)
  • GDP成長率低迷、動揺から強気に振る舞う中国(1/22)
  • 中国は歴史的に「人質外交」の国/台湾政界の風雲児「フレディ・リム」の描く台湾の未来(1/29)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分

  • 中南米で行われている米中の代理戦争(12/5)
  • 欧米で進む中国企業排除、アリペイと組むpaypayは本当に大丈夫か/スポーツですら侵略主義をむき出しにする中国(12/11)
  • 世界の分断が進む中で中国の独善が明らかになった1年/統一地方選挙から読む2020年の台湾とアジア情勢(12/18)
  • レーダー照射は「ムクゲの花を咲かせたい」韓国の野心を表している(12/25)
  • 【年末特別号】中国の嘘がばれた2018年(12/30)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分

  • アジア各国の社会問題をあぶり出す映画プロジェクトに期待(11/6)
  • 実より脳内ファンタジーが優先される韓国の反日の異常/台湾の選挙に介入する中国の実態(11/14)
  • もっともルールを守らない中国がルール遵守を叫ぶ矛盾/台湾の映画賞まで台無しにする「習近平の言論弾圧」(11/21)
  • 台湾統一地方選挙は国民党が勝利したのか(11/28)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分

  • 中華社会とジェンダー問題/日本で歪められる台湾のニュース(10/31)
  • なぜ中国は民主主義が永遠に不可能なのか(10/23)
  • 偽英雄である李舜臣の旗を掲げて日本を侮辱する韓国の愚/「国交を超える日台の絆を探る旅」を終えて(10/16)
  • 後出しの理由づけでゴネるのが中華の本質/中韓によるノーベル平和賞の政治利用に注意せよ(10/10)
  • ハイリスク金融の破綻続々の中国、ついに景気悪化報道も規制/世界最大の自転車メーカーがつなぐ日台の絆(10/3)

2018年10月のバックナンバーを購入する

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年4月16日号の一部抜粋です。

黄文雄この著者の記事一覧

台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる!

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」 』

【著者】 黄文雄 【月額】 初月無料!月額660円(税込) 【発行周期】 毎週 火曜日 発行予定

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 韓国に黄信号。日米朝の信頼を失った文在寅大統領の早すぎる寿命
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け