米軍撤退でほぼ丸腰。トランプに振り回される「クルド人」の悲哀

shutterstock_1531533812
 

10月7日、トランプ大統領がシリア駐留米軍の撤退を開始させるや、シリア国内で「米軍の駒」として軍事支援を受けていたクルド人地域を攻撃し始めたトルコ。これを受け、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは今回、トルコがクルド人地域を攻撃した真の理由や、その攻撃に対するトランプ大統領の本音を探るとともに、今後の中東情勢の行く末を占っています。

なぜトルコは、シリアのクルドを攻撃するのか?

トルコ軍は10月9日シリア領内のクルド人支配地域への攻撃を開始しました。今回は、これについて考えてみましょう。

シリア情勢復習

少し、シリア情勢を思い出してみましょう。まず、シリアでは、2011年から内戦がつづいています。ロシア、イランは、アサド現政権を支援しています。アメリカ、欧州、サウジアラビア、トルコなどは、「反アサド派」を支援しました。

皆さん、思い出してください。当時、中東、北アフリカで、「アラブの春といわれる民主化運動」が流行っていた。それで、次々と中東、北アフリカの独裁政権が倒れていた。

アメリカは、「アサド政権もすぐ倒れるだろうと思っていた。ところが、ロシアとイランの支援で、アサド政権はなかなか崩壊しません。我慢できなくなったオバマは2013年8月、「シリア(アサド政権)を攻撃する!」と宣言した。理由は、「アサド軍が化学兵器を使ったから」でした。ところが翌9月、シリア戦争をドタキャンして、世界を仰天させました。

この後、「反アサド派」が分裂しました。分裂して出てきたのが、「イスラム国」(IS)です。ISは、油田を確保し、資金を得て、急速に勢力を拡大していきました。ISは、外国人を捕まえ、残虐に殺し、その様子を動画で世界に配信する。また、ISは、世界各地(特に欧州)でテロをする。それで、アメリカは2014年8月IS空爆を開始しました。

しかし、アメリカが空爆しても空爆しても、ISは衰えません。なぜ?理由は、ISが「反アサド派から独立した」という事実にある。アメリカは、「反アサド」です。「反アサド派」も、もちろん「反アサド」です。「反アサド派」から独立したISも、「反アサド」です。というわけで、アメリカとISはどちらも反アサド」ということで、利害が一部一致している。だから、アメリカは、本気でISを攻撃できないのです。

では、なぜISは衰えたのでしょうか?2015年9月から、プーチン・ロシアがISへの空爆を開始したからです。なぜそれで、ISが衰えたのでしょうか?ロシアは、「親アサド」です。ISは、「反アサド」です。だから、ロシアは、ISをせん滅するのに、躊躇がない。で、ロシアは、ISの石油インフラを集中的に空爆した。それで、ISは金がなくなって急速に衰えたのです。

その後、シリアはどうなったのでしょうか?ロシア、イランが支援するアサドは、「反アサド派」「IS」をほぼ打倒し、シリアの支配権を7割方回復しました。プーチンは2017年12月、シリアのロシア空軍基地を訪問し、「勝利宣言」をしています。

ところで、アサドが支配権を回復できていない残り3割」は、何なのでしょうか?残り3割にいるのが、クルド人支配地域。ここには米軍が駐留しているので、アサドも、ロシア軍も手出しできませんでした。

クルドとは?

クルド人は、全世界に2,500~3,000万人いる。「自分の国家をもたない最大の民族」といわれています。もっともクルド人が多いのはトルコ。1,140万人のクルド人がいるといわれる。少数民族として、長年差別の対象になっています。

トルコからの独立を目指す勢力クルド労働者党PKK)がある。PKKは、トルコ政府からテロ組織とされています。シリアには、280万人のクルド人がいるといわれています。クルド人の武装組織「クルド人民防衛隊」(YPGアメリカの支援を受けISとの戦いでは大いに活躍しました。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 米軍撤退でほぼ丸腰。トランプに振り回される「クルド人」の悲哀
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい