「みんな一緒」は悪いのか。ある中学の、子供を救い続ける試み

shutterstock_1150842707
 

神戸市の小学校教師間暴力事件で、いじめを防止する立場である教師が「自分がターゲットになることを恐れ、教師同士のいじめを見て見ぬ振りだった」とした証言は、典型的ないじめの「同調圧力」がひたすら負の方向に働いた構図との指摘もあります。今回の無料メルマガ『いじめから子どもを守ろう!ネットワーク』では、「みんなと一緒」という意味合いでは「同調圧力」と同義と取られることもあるものの、正反対のベクトルを持つと言える「社会的包摂」を紹介、その考え方を実践し多くの生徒と保護者を救い続けているある中学校の事例を記しています。

同調圧力と「いじめ」の関係、不幸にならない考え方とは

最近、ネットのコラムかなにかで、「同調圧力」という言葉を知るに至った。多くの場合否定的な意味合いで使われていた。そこでは、卒業式で感じたことが紹介されていたと思う。

日本の大学および短大の卒業式の場合、服装は、男性ではスーツ姿が主流だ。最近では男性の紋付き羽織袴も成人式に続いて増えてきているようだ。しかし、女性は圧倒的に「袴(はかま)」を選ぶことが多い。レンタルで色とりどりの着物や袴を選ぶことができ、ヘアーやメイク、着付けサービスもついているので、卒業年の夏ころから人気店は予約で満杯だ。

その女子学生は、自分でよく考えた後、式ではスーツ姿を選び、謝恩会ではドレスを選んだ。ところが、その席で、周囲の女子たちから「どうしてスーツだったの?お金がなかったの?」と聞かれてしまったという。

日本でよくある「あるある話」である。彼女はこの「同調圧力」のため、せっかくの式が楽しい思い出にはならなかったという。彼女は不快だったのだ。彼女の選択は筋がとおっているし、それぞれ独立した精神を持っているはずなのに。どうして他人と一緒でなければならないの?

このように日本では、「みんな一緒が良い」という、空気が支配するイベントなどが結構ある。いわゆる就活も、なぜ皆、同じ黒いスーツ姿、白いシャツ、黒髪、女子なら頭髪を後ろに結ぶ?なんとなく女子中学生に戻ったがごとくである。一緒でないと不安なのだろうか。

一方、日本の小中高校の中には、公立、私立を問わず、制服が決められ校則も厳しい学校もある。そこには、子どもたちに、公私の区別を教え、公的な空間で規律正しくふるまうことを教えるメリットもある。服装規定に従う、時間を厳守する、校則を守る、これらを通じて、自制心や自律の精神を教えそれが大人になった時の経済活動の下支えになることも充分に理解できる。

しかし、フォーマルの基準を外さず、選択の自由が許されている大学の卒業式で、しかも成人している身で、スーツ姿を自由意思で選んだ女性を奇異な目で見ることは精神的ないじめ」と捉えられる可能性はあるのだ。

これが、フレンドリーなアメリカ人留学生なら、「あなたが来てくれて嬉しい。素敵なスーツですね。卒業式を楽しみましょう」と言い、祝福しあい、一緒に写真を自撮りし、インスタに乗せることもあるだろう。

最近、教師による教師に対する集団いじめ事件」が起きた(注:神戸市の公立小学校での教師間暴力事件)。様態を聞くと、なぜ先生たちがこんなことをしたのかと誰もが思うはずだ。それに至るには、小さな段階、決して踏み越えてはいけない幾つもの段階を、「同調圧力」が踏み越えさせてしまったのではないだろうか。だれもこの圧力に逆らえなかったのではないかと推測している。もしそうなら憂慮すべきことだと思う。たった一人で良いからこの卑怯なことを止めようと勇気を出して正義を貫けていたら、違った局面となったことだろう。

ここまでひどいケースでは無くとも、これに近いケースを教育現場で観たことがある。愚かな間違いがあってもなかなか上の立場の人が言い出したことを変えられない空気がある。学校は、人が人を指導するところ、いわゆる「人治主義」の場所だからだ。

print

  • 「みんな一緒」は悪いのか。ある中学の、子供を救い続ける試み
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け