学校運営はデザインだ。教育現場をITでオーダーメイドする

shutterstock_298453508
 

欧米では小学生にタブレットを与え、リモートITで授業に参加させるケースもあります。日本でも「積極的な選択肢を学校教育に取り入れる」と学校理事が宣言し、通信制のN高等学校が設立されたりもしましたが、通信制はまだまだ少数派です。メルマガ『j-fashion journal』の著者でファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さんは、学校こそITの多用でオーダーメイド化でき、幸せな未来を自ら掴む生徒に成長させられるのでは、と指摘。現代における理想の学校像を語っています。

スモールビジネス・デザインスクール

1. 大量教育からオーダーメイド教育へ

今の小中学校はチェーンストアに似ている。規格化された学校が全国津々浦々に大量に作られた。教師も大量生産された。指導要領というマニュアルも作られた。この手法は産業革命に対応したものだった。そして、高等教育や職業教育にも同様の手法が使われている。

その結果、規格化された人材が大量に育成された。ある時代においてはその手法は正解だったと思うし、一定の成果を上げたのも確かである。しかし、時代は変わった。ICT革命の波は産業構造を変革している。同様に、教育のインフラも変化している。規格化された教室、黒板、教科書ではなく、一人一人にタブレットを配布し、個々の進捗に対応できるようになった。インターネットによる授業なら、一流の教師の授業を何万人もの学生が同時に受けることも可能である。
大量生産からオーダーメイドへ。その流れは教育にも及ぼうとしているのだ。

2. ネット活用で学校運営をデザイン

私は20歳代から専門学校で非常勤講師を始めた。しかし、常に不満を持っていた。あまりにも講師料が安いのだ。とても生活できるレベルではない。正社員の教職員の給料は保証されているが、ある意味では派遣社員である非常勤講師は賃金が低く抑えられている。そこには、同一労働同一賃金の原則はない。

学生のために授業をしていても、常に搾取されているという思いは消えなかった。人に使われるのではなく、自分で学校を経営したい。いつしか、そんな妄想をするようになった。しかし、学校を作るのは難しい。学校法人ではなく私塾のようなものだったとしても、教室が必要である。会議室を借りるだけでも安くない。そして、学生や受講生を集めるには、広告宣伝が必要だ。

これらをネット活用で何とかできないのか。しかし、ネット会議システム、Eラーニングシステムも安くはない。そんなことを考えているうちに、ZOOMというネット会議システムに出会った。最低のコースは無料だが、かなりのことができる。その実証実験も兼ねて、ZOOMを使って、友人とネット会議を始めた。

3. 幸せのための小さなビジネスをデザインする

教育の目標は何だろう。これまでの教育では、役所や大企業の中で活躍できる人材を育成することだったと思う。競争を勝ち抜いた人は、中央官庁や大企業に就職できる。それが最高のゴールである。そして、日本のために働く。

そこに、個人の幸せという概念はなかったのではないか。中央官庁や大企業に就職しても、ストレスを抱え、ノイローゼになる人もいる。そういう人達は幸せとはいえない。

私は「個人の幸せ」を第一に考える学校を作りたいと思う。そのためには、競争に参加しないという選択もあるだろう。友人との出会い、異性との出会いも重要だ。単に知識を詰め込んでも幸せにはならない。

自分で考え、自分で行動する。他人に依存せずに、自分の人生は自分で切り開く。そんな人材を育てたい。そして、好きなことを仕事にして、社会に貢献し、社会と共生しながら、安定した生活を過ごす。誰にも強制されず、自由に生きていく。そんなイメージだ。

そういう人生を送るためには、大企業への就職ではなく小さなビジネスを起業した方が良いのではないか。そんな仮説を基に、起業の方法、人生の目標設定の方法、人生に必要な知識や考え方を得られる学校である。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 学校運営はデザインだ。教育現場をITでオーダーメイドする
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け