どんなお店もやればできる、ブランド力を手に入れる確実な方法

shutterstock_89788117
 

ナイキやアディダス、スタバ、ユニクロなど、ロゴマークを見るだけで企業名がすぐ頭に浮かぶ大ブランド。「自分たちもそうありたい」と思うものの、とても広告費など捻出できない…、という中小企業の皆さんのために、今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者の梅本泰則さんが、町の小売店がブランド力を手に入れる方法を紹介しています。

お店のブランド力を上げる法

ブランド力をあげるために、スポーツに力を入れている大学や高校があります。しかし、一歩間違うと、そのブランドイメージが悪くなってしまうことだってあるのです。せっかく築いてきた努力が無駄になります。これは、企業やお店でも同じことです。

では、ブランドとはいったい何でしょうか。ベンツ、ナイキ、アマゾン、ユニクロ、スターバックス。世間には、ブランドというブランドがあふれています。そのマークやロゴが頭に浮かんでくれば、もうれっきとした大ブランドです。

ご存知のように、ブランドの始まりは、牛の烙印」だと言われています。他の牧場の牛と区別をするためのものです。つまり、ブランドの本来は、他の商品や企業とを区別するためのものでした。

やがてブランドは、「お客様に選んでもらうための目印」としての役目に変化していきます。その後さらに、品質の保証歴史評判信用、イメージといったものが含まれるようになってきたのが、現在のブランドです。

そのブランドに傷がつくということは、これらの形のない財産に傷がつくということになります。ですから、ブランドを大事にする企業やお店は、そんなことにならないようにさまざまな決まりを設けたり行動をしているのです。

そして、そうしたブランドの凄いところはブランドマーク一つで価値を上げられることです。例えば、同じデザインのシャツでも、ブランドを付けるだけで価格を高くしても売れていきます。これが、ブランド力です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • どんなお店もやればできる、ブランド力を手に入れる確実な方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい