死してカンボジアに名を残す。亡き息子の遺志を継ぐ父の感動物語

 

ところが、アツヒト村の人々の答えは私の想像を絶した。カンボジアの悲劇は人材がなかったことが原因で、これからは何よりも教育が重要だ、ついてはこの400万円を学校建設に充てたい、というのである。

こうして学校ができた

名前はナカタアツヒト小学校。いまでは中学校、幼稚園も併設され、近隣九か村から六百人余の子どもたちが通学してきている。

やがては時の流れが物事を風化させ、厚仁が忘れられる時もくるだろう。だが、忘れられようとなんだろうと、厚仁の信じたもの追い求めたものは残り続けるのだ。

これは厚仁がその短い生涯をかけて教えてくれたものである。

厚仁の死から15年が過ぎた。

ひと区切りついた思いが私にはある。楽隠居を決め込むつもりはない。国連は改めて私を国連ボランティア終身名誉大使に任じた。

この称号にふさわしいボランティア活動をこれからも貫く決意だ。

15年前、あれが最後の別れになったのだが、一時休暇で帰国しカンボジアに戻る厚仁に、私はこう言ったのだ。

父さんもベストを尽くす厚仁もベストを尽くせ

ベストを尽くす。

これは息子と私の約束なのだ。

厚仁の短い生涯が、人間は崇高で信じるに足り、人生はベストを尽くすに足ることを教えてくれるのである。

中田武仁(国連ボランティア終身名誉大使)

初出:『致知』2008年9月号 特集「致知随想」

※ 肩書きは『致知』掲載当時のものです

image by: Twitter(@UNV Tokyo) , Flickr

致知出版社この著者の記事一覧

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 致知出版社の「人間力メルマガ」 』

【著者】 致知出版社 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • 死してカンボジアに名を残す。亡き息子の遺志を継ぐ父の感動物語
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい