客の「体験したい」欲をくすぐるのは、いつだって自由な発想だ

shutterstock_1433189183
 

多くのお店が「おもてなし」の気持ちを表す演出に趣向を凝らしている昨今ですが、接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが衝撃を受けたというのが、とある居酒屋さんの試み。一体どのようなものだったのでしょうか。坂本さんが自身の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』で紹介しています。

店中がキャンバス

少し前に、ある居酒屋に行ったら、こんなことがありました。取引先の方が予約してくれていたお店で、店に着くと、テーブルに小さなイーゼルがあり、そこに、「〇〇様今日は楽しんで行ってください!」みたいな言葉が書かれていたのです。

居酒屋なんかだとよく見る演出ですが、「お客様を楽しませようとしているんだな」程度に見ていました。とはいえ、こういう演出をしているお店は決して少なくはありません。

しばらく、美味しい食事と飲み物をいただいて、帰ろうとしていたら、スタッフの方が、同じような言葉を書いているところに遭遇しました。しかし、その書いているものは、私たちと同じような紙ではなく、テーブルの横にある窓ガラスだったのです。あとで拭き取れるペンを使って、窓ガラスいっぱいに、「〇〇様、本日は…」みたいな言葉を書いていたのですね。

たったそれだけのことなのですが、個人的にはちょっとした衝撃を受けました。というのも、恥ずかしながら、店全体をキャンバスにするという自由な発想が、私にはできなかったからです。

最近は、お店でしか得られない体験をしてもらうためにと、いろんな演出をしているお店が増えています。店の中に坂道を作ったという自転車屋などは、一時期話題になったりもしました。画家を呼んで個展を開き、商品とリンクさせて、楽しんでもらおうという店もあります。そういった特殊なイベントや演出だけでなく、ちょっとしたPOPを改良して、楽しませようとするお店もあります。

どれもこれも、実際に行ってみたい、体験して見たいと思わせてくれるようなものばかりなのですが、そこには、普段の感覚とは違う発想が必要です。

冒頭の「〇〇様」と書かれた紙1つ取っても、ありきたりな紙に書いてあるだけの店もあれば、店をキャンバスに見立てて、窓ガラスに書くということもできます。それも、発想の1つですし、ひと味違った演出になってきます。

「店は汚してはいけない」「これだけしか使ってはいけない」という制約はあるかもしれません。でももしかすると、その制約は勝手な思い込みで制約になっているだけで、本当はそういった制約を外せば、できることは一気に増えるかもしれません。これからの店づくりには、そういう考えができる発想が必要なのだと思います。

窓ガラスに書くなんていうのも、他でもやっていることではありますが、そこに至る発想ができるかどうか。そんな観点で店をもう一度見直して見ると、できることの幅が広がるかもしれません。

今日の質問です。

  • 今、店でやっている演出にはどんなものがありますか?
  • その演出の制約を外すとしたら、どんな楽しい演出ができそうですか?

image by: Shutterstock.com

販売力向上講座メールマガジンこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 販売力向上講座メールマガジン 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • 客の「体験したい」欲をくすぐるのは、いつだって自由な発想だ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい