「大人の見栄とコンプレックスが全ての虐待を生む」という真実

shutterstock_676427023
 

平成30年度には、児相の相談対応件数が過去最高を記録した児童虐待。そんな報道に触れ、「自分は関係ない、良い親たらんと努力している」と思っている方も、もしかしたら注意が必要かもしれません。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では現役教師の松尾英明さんが、昨今よく耳にする「教育虐待」の実態に迫ったルポルタージュを紹介しています。

教育虐待の根本は、大人のコンプレックス

次の本を読んだ。

●『ルポ教育虐待 毒親と追いつめられる子どもたち
おおたとしまさ 著/ディスカヴァー・トゥエンティワン

本のタイトルからして強烈である。著者は、家庭教育や受験に興味のある親であれば、聞いたことがある人も多いかもしれない。現場の教員には絶対に書けない刺激的なタイトルである。

ちなみに帯には次の言葉が書いてある。

「あなたのため」は呪いの言葉

 

何が「過度に教育熱心な親」を駆り立てるのか?

刺激的である。

さて、内容だが、タイトルの刺激以上に、実に丁寧なルポルタージュである。教育虐待を受けた子どもだけでなく、その兄弟や親までを公正な視点で追っている。また「子育てベストセラー本や一般的に良いとされている教育手法への疑問も呈しており、一読の価値がある。

全体を通しての自分なりの気付きがあった。それは

大人のコンプレックスが全ての虐待を生む

ということである。

大人の側にある種の見栄があるとする。よく見られたい。他人より優位に立ちたい。そのための自己実現の道具として、子どもが利用される。それが教育虐待の始まりである。

「しつけ」と称する暴力行為もこれに当てはまる。自分の思い通りに相手を変えたいから、暴力をふるう。あるいは、周りから自分のしつけが悪いからと思われるのが嫌だから、子どもに暴力をふるったり圧力をかける。特に専業主婦の場合、夫がうるさい、姑がうるさい等、周囲の雑音が大きいほど、こうなりやすい傾向があるらしい。

すべて、根本は大人の見栄とコンプレックスである。

私は基本的に、教育に関心が高い親の方がよいと思っている。子どもを「授かりもの」として、ある種「自分とは別の個人」として捉え、本当の意味で「子どものため」を考えているなら素晴らしい。

しかし、この関心の高さが、見栄や私心によるものだと激しくマイナスである。かけ算でマイナスをかけると、絶対値が大きい分だけマイナスが大きくなるということと同じである。それなら、関心が低い方がマシである(これはそのまま、教員にも当てはまる)。

自分は、毒親、毒教師になっていないか。自分のやってきたことにある程度の自信がある人ほど、一読をおすすめしたい本である。

image by: Shutterstock.com

松尾英明この著者の記事一覧

『まぐまぐ大賞2014[無料部門]教育・研究』の大賞受賞メルマガ。実践例を通して、教育観を磨きながら、具体的な手法にもふれていきます。「教育を志事にする」を信条に、真に役立つ実践的な情報だけを厳選してお伝えします。教育関係者を中心に、子どもに関わる全ての方々に向けて発信します。登録・解除ともにすぐできますので、ご一読よろしくお願いいたします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術 』

【著者】 松尾英明 【発行周期】 2日に1回ずつ発行します。

print

  • 「大人の見栄とコンプレックスが全ての虐待を生む」という真実
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け