早朝に鳴り響く「緊急地震速報」。投稿されていた地震の「予兆」

2020.07.09
564
by gyouza(まぐまぐ編集部)
20200708210938395-09060539
 

気象庁の発表によると、9日午前6時5分頃、茨城県南部を震源としたマグニチュード(M)4.7、深さ50km、最大震度4(茨城県古河市、栃木県足利市、群馬県板倉町、埼玉県加須市など)の地震が発生しました。この地震の発生当時、首都圏在住者のスマホで「緊急地震速報」が鳴り響いたため、飛び起きた人も多かったのではないでしょうか。SNSには「地震の方が先に来て、速報の方が後から鳴った」という報告が多かったようです。

20200708210938395-09060539-1

image by: 気象庁

今回の地震ですが、発生前に、その前兆現象とも言えるものがSNSで報告されていました。それが、「鈴落下装置」の鈴落下です。

すでに報告されていた「前兆」

以前このサイトでもご紹介しました、地震の「前兆」と思われる現象が起こる「宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)」という、大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されうると言われている、生物的、地質的、物理的異常現象とされるものが、今回の地震前にも報告されていたのです。

それが、「磁石の磁力低下」です。これは、「安政江戸地震」と呼ばれる1855年10月2日(現在の11月11日)発生の江戸直下を震源とするM7クラスの巨大地震が発生する2時間前、浅草のメガネ屋さんに置いてある磁石に付いていた釘などが落ちたというエピソードが、当時の地震ルポルタージュ『安政見聞誌』(あんせいけんもんし)という書物に書かれていたことから、日本で広く知られるようになった前兆現象です。

【関連記事】● 関東で地震の発生相次ぐ。江戸から伝わる「前兆」現象は本当か?

この「大地震発生の直前に磁力が低下する」という前兆を利用したものが、鈴落下装置です。同じ原理の「地震計」なる装置は江戸時代にはすでに作られていたとされています。(参照:「港区立港郷土資料館へ行ってみよう 第11号(2014年3月発行)」(注:PDFが開きます)

その鈴落下装置の鈴が落下したという報告が、首都圏在住者のTwitterで複数みられました。7月2日から8日にかけてのことでした。

鈴落下装置の鈴「落下」報告ツイート

千葉県北部

神奈川県横須賀市

東京多摩東部

311の時にもあった直前の「前兆」

前兆は「磁石の磁力低下」だけではありません。例えば、先日お伝えした1933年の「西埼玉地震」直前の浅間山噴火、今年の6月26日に関東の空で目撃されたことで話題となった「環水平アーク」と呼ばれる虹のような大気光学現象、井戸水の水位の低下(あるいは上昇)、地鳴りなども報告されています。実は、あの東日本大震災の直前に、数々の直前現象が報告されていました。








今後注意すべき「前兆」は?

首都圏の朝を揺らせた震度4の地震ですが、最近は南関東を中心に地震の発生が相次いでいます。今後も首都圏直下型地震や房総半島沖、伊豆諸島沖の地震発生に注意する必要がありそうです。前述の「鈴落下装置」や、気象の異常現象、動植物の異常行動などを普段から観察し、地震の「前兆」を見極めることが大切なのかもしれません。

また、地震の予知に関する研究を続けている機関の発行するメールマガジンを購読することも、防災に繋がる準備の一つではないでしょうか。避難経路の確認、防災グッズの準備、そして地震メルマガの購読などで事前に情報を得ておくことは、来るべき巨大地震への備えになります。今一度、改めて身の回りの「防災準備」をチェックしてみることをオススメ致します。

オススメの地震メルマガ

メルマガ『週刊MEGA地震予測
フジテレビ「Mr.サンデー」「週刊ポスト」など数多くのメディアで取り上げられ、話題沸騰中・東京大学名誉教授村井俊治氏が顧問を務める、JESEAジェシア(地震科学探査機構)のメルマガ。
⇒詳細はこちら

メルマガ「最新『WEEKLY 地震予報』

『地震』が事前にわかれば、自分と自分の大切な人の命が守れます。最新『WEEKLY 地震予報』は『地震予知』を行い、お知らせするサービスです(毎週水曜日+緊急号外配信あり)。地震に関する研究、大規模地震の前兆現象に関するモニタリングを行い、独自に観測データを解析して地震予測情報を配信しています。
⇒詳細はこちら

メルマガ『地震解析ラボの「週間地震予測情報」
地震予測で大切なことは、できる限り短い期間(1週間単位)で「いつ」「どこで」「どのくらいの大きさ」を予測することです。地震解析ラボはご利用の皆様の生命、財産を守るために日夜、精度向上を目指しています
⇒詳細はこちら

 

【読んでおきたい関連記事】
● 浅間山で火山性地震が増加。1931年「西埼玉地震」に酷似する前兆
● 関東で地震の発生相次ぐ。江戸から伝わる「前兆」現象は本当か?
● 首都圏直下地震の前兆か?地震雲、地鳴り報告ツイートまとめ

image by: 気象庁

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

print

  • 早朝に鳴り響く「緊急地震速報」。投稿されていた地震の「予兆」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け