どろんこの服は「子供が素敵な1日を過ごした」証拠、気にするな

shutterstock_479221423
 

日本人の躾には「人様に迷惑をかけない」「世間にみっともない姿をさらさない」など、恥の文化が根底に流れているようです。大切な価値観ですが、幼いうちから強いると好奇心・チャレンジ精神・多様性の受容といったマインドの委縮を引き起こしかねません。「なぜ、友達作りが上手な子どもの親は子と一緒に公園へ行くのか」が好評だった無料メルマガ『子どもが育つ「父親術」』では、「服の汚れ」からこうした現状に問題提起します。

どろんこ~服を汚すことについて

子どもは、よく服を汚します。食事をこぼすのは毎日のこと。それに加えて、外遊び・水遊び・泥遊び・絵の具・クレヨン・サインペン…。

親としては、正直がっくりきてしまうことも多いと思います。普段洗濯を担当している方であれば、洗濯機に放り込む前に手洗いしなきゃいけない面倒が頭をよぎります。あるいは「買ったばかりなのに…」「お気に入りだったのに…」「○○の日に着る予定だったのに…」などなど、いろんな形でショックを受けてしまうこと、皆さんも一度や二度ではないと思います。そして、落胆のあまり悲しんだり怒ったり子どもを叱ったりしてしまうことも、あるのではないでしょうか。

一方で、当の子ども本人はと言うと、遊びの最中はその瞬間瞬間を100%集中して遊びに打ち込んでいるもの。100%集中してしまっているからこそ、服が汚れる可能性があることや、実際に服が汚れていることに気がつかないのです。そして、服が汚れたことに気がついたとしても、子ども自身は残念には思いません。

ここが大切です。子どもは、服が汚れたことを気にしていないのです。仮にその服が買ったばかりであっても、お気に入りだったとしても、何かの日に着る予定だったとしても、です。

子どもは、「服が汚れたこと」は気にしません。「服が汚れたことを気にする親の様子気にするのです。親が服の汚れを気にすることを繰り返すと、やがて子どもは、服が汚れること自体も気にするようになってきます。

この変化を言い換えると、「好奇心・活動意欲に対するブレーキが、子ども自身の中に生まれてくる」とも言うこともできます。さらに正確で厳しい言い方をすれば、「好奇心・活動意欲に対するブレーキが親によって子どもの中に植え付けられる」という事態が惹き起こされることになるのです。

親の反応を見て子どもまで服の汚れを気にするようになることは、見方を替えれば「自分の行動の結果が、誰にどんな影響を与えるかを考慮する姿勢・スキルを学ぶ」と言うこともできるでしょう。

ですが、就学前の子どもであれば、そのスキルを身につけさせようと考えるのは時期尚早。むしろ、遊ぶ時くらいはせいせいと楽しませてあげたい(そして、夢中になって遊ぶ中でこそ学べることもいっぱいある)と、私は考えています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • どろんこの服は「子供が素敵な1日を過ごした」証拠、気にするな
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい