カジノで8億円負けたVIP客に、3000万円分のワインを贈るアフターケア

shutterstock_126023555 copy
 

先日、MAG2 NEWSのインタビューに答えて下さった、メルマガ『鍛野ミミの「カジノの目線で」-ここだけばなし-』でお馴染みの現役ディーラー・鍛野ミミさん。今回は、そのインタビューの中で出てきた「8億円プレーヤーに対するカジノのアフターケア」について、さらに詳しく紹介しています。カジノで8億も使うVIPをどのようにもてなすのか、あなたの知らない世界がここにあります。

8億負けたお客様に、3億ディスカウントと3000万円のワインをプレゼントする世界

先日、MAG2 NEWSインタビューを受けました。

その時、カジノの8億円プレーヤーの話をちょっとだけ開示しましたが…今日は、その話のつづき「VIPチームは8億円プレーヤーになにをしてあげるの?」について書きたいと思います。

話の経緯がちゃんと見えるように

MAG2 NEWS 日本人の知らない世界。 「カジノ」はこんなにも面白い!

から8億円の話の経緯を抜粋しました。

質問

数々のVIPの方のアテンドをされてきたと思いますが、その時のエピソードを教えてもらえますか?

Mimi

一回の渡航で8億円負けられてしまった方がいました(ふう~)

(中略)

日本では500万円~1000万円くらいのお客様が圧倒的に多いんですけど、場合によってはどんどん熱くなってチップをおかわりしちゃうんですね。

現地にいるときはみなさん旅行気分になっていますし、気持ちも大きくなっているので。日本に帰って現実に戻ったとき、「あれ? 俺なんかやっちゃった?」ってなってしまうんですよ。

カジノホテルでは定期的に集計を取るのですが、すごいお金がどっかん!どっかん!動いています。

(中略)

というような内容です。

この超VIPハイローラーのお客さま! 仮に名前をAさんとしましょう。

Aさんは1週間のカジノ滞在で8億円負けました

この時、Aさんは8億円全てを現金で賭けていたわけではありません。

海外の大手カジノには「信用クレジット」というシステムがあってそのお客さまに見合った「金額」をクレジットとして出します。

Aさんの場合、数億円のクレジットを出しても大丈夫という「担保」が得られたのでクレジットの許可がおりたのです。

カジノがクレジットを出すのか、出さないのかは…最終的にカジノのベテラン中のベテランVIPマーケターと幹部が判断します。

なぜなら、この信用クレジット…日本に帰って来た後に、「回収」が出来なければ、カジノの「VIP売上」として計上できないからです。(要は、帳面上の数字ですから)

回収できない場合は、損金扱いになってしまうんですね。

だからカジノのVIP顧客相手のビジネスは経験者がいないとむずかしいのです。

そしてさまざまな交渉…幹部との話し合い、Comp調整の結果…最終的にAさんの現金での支払い額は「5億円」となりました。

3億円のディスカウントです。(は?? 3億のデ、ディスカウント…?)

はい。そうです。3億円のディスカウント。

それにプラスして3000万円分のワインのプレゼントを行うことが決定しました。(3、3000万円分のわわ、ワインのプレゼント!?)

はい。

当時、わたしが担当したのはこの3000万円分のワインさがし」でした(VIP客のアテンドはチームで行うから分業です)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • カジノで8億円負けたVIP客に、3000万円分のワインを贈るアフターケア
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい