「2年前から警戒していた」専門家が語る熊本地震が予測困難だった訳

650 copy
 

2年に渡り警戒を続けていた熊本地震

5月14日・16日に震度7の揺れを観測する大きな地震が発生し、それ以降も余震が相次ぐなど、活発な地震活動が続いている熊本県をはじめとした九州地方。これまでに50名近くの方が亡くなり、現在も多くの方々が避難生活を余儀なくされるなど、大きな被害が出る結果となってしまった。

今回の地震まで、巨大地震とはあまり縁がない地域というイメージがあった九州地方。しかし、この地での大規模な地震の発生を以前から予測していたのが、測量工学的アプローチで地震を予測している研究団体・JESEAジェシア・地震科学探査機構)だ。

国土地理院が測量のために、全国約1300箇所に設置している電子基準点。JESEAでは、その電子基準点から毎週に得られるGPSデータを独自に解析することで、地震発生の前兆となる現象をキャッチし、それに基づいた地震予測を、メルマガ『週刊MEGA地震予測』などを通じて発信している。

JESEAでは、以前よりこの九州地方の活発な変動に注目し、メルマガでも警戒レベルは変化させつつも、2014年5月より継続的に注意を呼び掛け。また、2016年1月に発売された週刊誌『週刊ポスト』誌上では、今年の春頃までに大きな地震が起こる可能性があるエリアのひとつとして、熊本県を含む南九州エリアを挙げていた。

 週間ポスト 紙面

ただ今回の地震が発生する直前、3月ごろの南九州エリアは全体的に沈降は見られるものの、比較的落ち着いていたという。そのためメルマガ『週刊MEGA地震予測』では、2年近く掲げていたこのエリアに対する警戒の呼びかけを、3月いっぱいで一旦取り下げる決断を下した。しかしその直後に、今回の地震は起きてしまった

今回の地震を受けて話を伺ったところ、JESEAでは、震源となったエリアにある電子基準点のGPSデータを解析した際、熊本県の千丁と球磨という20㎞程度しか離れていない2つの地点において、4月初旬の段階で一方は隆起、もう一方は沈降がみられ、両地点で最大5㎝近くもの変動差があったという。

熊本県に見られた特殊な以上変動 グラフ

ただ、これほどまでに大きな直下型地震の場合、もっと大きな変動が複数出ると思っていた。しかし、今回の地震は比較的震源が浅かったこともあり、地震発生前に大きな動きがあったのは、ここのみだった。その点では、今回の地震は、その発生を予測することが非常に難しいケースだったという。

C

 

取材に対応してくださった、JESEAの顧問を務める東京大学名誉教授の村井俊治氏は、今回の地震について「このような小さな兆候でも、これほどの大規模な地震に繋がるというのは、今回の地震で得た大きな教訓。同じような間違いを再びしないように、今後さらに経験を積んでいきたい」と、後悔の念をにじませながらも、今後のさらなる予測精度の向上への強い決意を語ってくれた。

なお、今回の地震の後に配信されたメルマガ『週刊MEGA地震予測』では、熊本県・大分県・宮崎県周辺を、震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い“レベル4”としている。今回の地震によりこのエリアの地表は東西・南北方向へと変動したが、その動きが相反している境目が熊本県から大分県方向、そして熊本県から宮崎県へとライン状に伸びているのが認められており、そこに溜まったひずみがさらなる地震を引き起こす可能性が高いとのこと。

さらに、この九州地域と同様に厳重な警戒が必要なエリアとして挙げられているのが、相模湾・駿河湾・東京湾に面する南関東伊豆諸島・小笠原諸島といったエリア。今年3月には小笠原諸島の各地点で一斉異常変動があり、これは2015年5月に発生し首都圏で最大震度5強の揺れを記録した小笠原諸島西方沖地震とパターンが酷似しているという。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 「2年前から警戒していた」専門家が語る熊本地震が予測困難だった訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け