ゲーセンは終わったのか? レトロゲーム専門「ミカド」が見せた復活のカギ

shutterstock_315424493
 

発売以来20年以上経つレトロゲームが人気を集めています。例えば、21年ぶりにファミコンカセットの新作「8BIT MUSIC POWER」が発売されたり、スマホのイヤホンジャックに刺すだけでレトロゲームが楽しめる「ピコカセット」の発売が発表されたり、11機種もの古いゲーム機のソフトを1台で遊べる互換機は予約分が即完売するなど、レトロゲームの人気は止まるところを知りません。そんなレトロゲームのみが置かれたゲームセンター「ミカド」も注目を集めています。ゲーセンが減少傾向にあるなか、個人経営のこちらの店舗の業績は右肩上がりと絶好調。その秘密は「資金力がないからこそのアイデア」と、ある「強い姿勢」でした。無料メルマガ『MBAが教える企業分析』で詳しく分析しています。 

いまあるもので何とかする

今回はレトロゲームに特化したゲームセンターで右肩あがりの業績をあげている企業を分析します。

ミカド(ゲームセンター) 

戦略分析

mba_mikado1

■戦場・競合

  • 戦場(顧客視点での自社の事業領域):ゲームセンター
  • 競合(お客様の選択肢):アミューズメント施設 など
  • 状況:ゲームセンターの店舗数、市場規模はともに減少傾向にあります。

■強み

1.連日盛り上がる

  • 同じゲームが好きな方々と空間を共有できます。
    →盛り上がりのないとこころには、人は集まりにくいので、特にアミューズメント施設にとっては重要です。

2.ヒーローになれる

  • 自分が参加した大会の動画が見ることができます。これにより、ヒーロー気分を味わえます。

3.上級者でなくても楽しめる

  • シューティングゲームが上手くない方向けの部活動や初心者講習があります。

4.旧作ゲームで長期間遊べる

  • 入れ替えが少なく、好きなゲームがなくなりません。

⇒上記の強みを支えるコア・コンピタンス

★圧倒的な企画・運営能力とレトロ(旧作)ゲームそのもの

  • レトロゲームで連日大会を開催し運営するノウハウ
  • 気合と根性で乗り切る文化
    →スタッフは少人数なため、連日大会を開催するということは並大抵のことではありません。
  • どんどん新作と旧作が入れ替わる他店では、取り扱うことのないゲームが中心
    →他店は常に新作ゲームを置かないと集客できない中で、旧作に重きを置き、ミカドにしかないゲームを揃えています。

上記のように他社が取り扱わない旧作のゲームを現役として扱うための企画運営ノウハウや気合で乗り切る文化があるからこそ、強みを実現できているといえます。

■顧客ターゲット

  • 30代の元ゲーマー(少年時代にゲームに夢中になった方)
    →子どもの頃に夢中になったゲームで楽しみたい方
print

  • ゲーセンは終わったのか? レトロゲーム専門「ミカド」が見せた復活のカギ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け