旨味、過労死、先輩…海外でそのまま使えるようになった日本語たち

2016.11.05
99
shutterstock_440188768
 

「sushi (寿司) 」や「tempura (天ぷら) 」、「teriyaki (照り焼き) 」など、和食にまつわる単語は海外でも共通語として長年親しまれてきましたが、現在では海外での日本の漫画ブームも手伝って、意外な日本語が次々に世界共通語化してきているようです。 例えば、umami(旨み)や、senpai(先輩)など。「こんなものまで世界に通じるのか!」と、驚く単語は他にもたくさんあるんです。

世界に広がる日本発祥の単語

現在、世界に広がる日本発祥の単語の中で、「これは意外!」と思った日本語をピックアップしました。(※英語版のウィキペディアに掲載されていた「日本発祥の単語」から抜粋)

実は英語になっていた意外な日本語

日本語発祥の英語

意味

考えられる要因

umami

旨み

和食ブーム

senpai

先輩

漫画

karoshi

過労死

経済ニュース

zen

ヨガや禅ブーム

hentai

変態

漫画やアニメ、オタク文化

sudoku

数独

人気のゲーム

skosh / sukoshi

少し

第二次大戦後以降に

shogun

将軍

映画タイトル、漫画など

意外ですよね?

やはり、和食ブームや漫画やアニメ、オタク文化の浸透などによって、世界的に広がった日本語多いように感じます。

1908年に日本人の科学者が発見した第5の味覚である「umami」は、近年の和食ブームもあって、認知度が高まり、よく使われています。

これに関連して、dashi(出汁)、katsuobushi (鰹節)なども最近では浸透しています。

 

Villeさん(@valkeisenmaki)が投稿した写真

 

またアニメや漫画の影響で、「senpai(先輩)」、「kohai(後輩)」、「sensei(先生)」の認知度も広がっているようです。

世界的な和食ブームの中で広がる日本語

和食が世界無形文化遺産に認定され、世界的な日本食ブームの中、これまで日本食の定番だった「sushi」や「ramen」のほかにも、「tofu (豆腐) 」や「teriyaki (照り焼き) 」、「natto (納豆) 」など、様々な日本食を海外でも見かけるようになりました。

下記は、食べ物にまつわる日本語です。

日本語発祥の英語

意味

adzuki/azuki bean

あずき or 小豆  

bento

弁当

daikon

大根

dashi 

出汁

edamame

枝豆

enokitake

えのきたけ

fugu

フグ

gyoza

ギョーザ

hibachi 

火鉢

hijiki 

ひじき 

katsuobushi 

かつおぶし

matsutake 

松茸

mirin

みりん

nori

海苔

panko

パン粉

shabu shabu 

しゃぶしゃぶ

shiitake mushroom 

椎茸

soba

そば

sukiyaki

すき焼き

takoyaki

たこやき

teppanyaki

鉄板焼き

teriyaki 

照り焼き

udon

うどん

Wasabi

わさび

yakitori

やきとり

しゃぶしゃぶやパン粉まで!

海外にある日本食屋に行ったら、ぜひ「Yakitori, please」と一言注文してみたいものですね。

 

Kushiさん(@kushicairns)が投稿した写真

 

これぞ日本の誇るマンガブームの威力、マンガで覚える日本語

 

Amorah Lopezさん(@amor.ahrts)が投稿した写真

日本食・和食の他にも、漫画やアニメが与えた影響は大きいです。

日本語の流暢な外国人のほとんどが、日本語に興味を持ったきっかけは日本の漫画やアニメだったというのはよく聞く話。

確かに日本の漫画は海外のものに比べてストーリー性が高く、最初は翻訳版を読み始め、のめり込んでいくうちに日本の文化にも興味を持ち、日本語を覚える人が多いようです。

近年は海外でも多くの漫画がヒットして、原作のまま読みたい外国人たちは、必死で漫画の日本語を勉強しているそうです。

以下、その代表例をご紹介。

・yabai (やばい)

・ahou (阿呆)

・sempai (先輩)

・kawaii (可愛い)

・ganbatte! (頑張って!)

・ite / itai! (痛い!)

・yatta! (やった!)

・maa, maa (まあまあ)

・sugoi! (すごい!)

などなど、確かに漫画ではよく目にしますが、一般の辞書には載っていないような口語もありますね。

また、擬音語・擬声語・擬態語の総称を意味する「オノマトペ」は、日本語ではよく使われますが、これは漫画においても同様。

特に音にならない音や様々な擬音語が漫画ではよく多用されており、これがなかなか英訳しづらいといった背景もあって、英語版の漫画にも数々の日本語のオノマトペが登場しています。

しかし、英語ネイティヴにとっては、漫画に登場する「zaazaa (雨音を表現するザアザア) 」や「baki (何かが折れるバキッという音) 」など、日本語の概念を理解するのには苦労するようで、漫画を読むのに役立つ単語をまとめたこんなサイトもあります。。

スクリーンショット 2016-10-26 15.47.44

image by: Japan Powered

日本語の擬声語までもが、浸透し始めているとは!

そのほかの日本語

この他にも、海外で通用する日本語はたくさんあります。

日本語発祥の英語

意味

senryu

川柳

kaizen

改善

kanban

看板

shamisen

三味線

zaibatsu

財閥

mikado

satori

悟り

shinto

神道

emoji

絵文字

futon

布団

koi

tanuki

hikikomori

ひきこもり

honcho

班長

kamikaze

神風

katana

かたな

katsura (tree)

shiatsu

指圧

shiba inu

柴犬

tsunami

津波

kawaii

可愛い

rickshaw

人力車

 

かつてはハリウッド映画などで間違った日本描写などもありましたが、今では漫画や和食の影響などによって、日本語や日本文化が世界に浸透し始めているようです。

そういえば、アメリカで発売され、いま話題になっている「Karoshi-san(過労死さん)人形」も日本語が使われていますね。

今後もますます様々な日本語が浸透していきそう!

 

image by: MAG2 NEWS編集部

Source by WikipediaexciteAnime LapJapan Powered

文/貞賀 三奈美

print
いま読まれてます

  • 旨味、過労死、先輩…海外でそのまま使えるようになった日本語たち
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け