面接官が密かに用意している「会話のやらせ」

shutterstock_198727358
 

中小企業の社長や人事担当者などに向けて、採用活動に関する情報を提供しているメルマガ『「欲しい人材がザクザク採れる!」採用成功術』。今回テーマとしているのは「応募者に対する受け答えについて」です。より有望な人材を獲得するために、人事担当者が心掛けるべきこととはなんでしょうか。

応募者からの質問にどう答えるか

質問に対する答え方で、その人の熱意や真剣さがわかります。もしかしたら、みなさんも経験は無いでしょうか?

例えば、飲み会や、なにかの集まりで会話をしていて「笑顔で話しているけど、あまり興味なさそう」「こっちは真剣に聞いているのに、適当に答えている」のように感じたことがあるのではないでしょうか。

逆に、こちらの質問に一生懸命答えてくれるだけで、その人の熱意や真剣さだけでなく、人としての誠実さまで伝わってくることもあるでしょう。

実際になにかの統計があるわけではありませんが、「『自分で話をしているとき』と『質問に答えているとき』でどちらがその人の本心がわかりますか?」という質問があったとしたら、おそらくほとんどのかたが後者を選ぶのではないでしょうか。

これは採用においても同様です。

各社の就活アンケートで「会社について良い印象を受けたことは?」という問いには、「こちらの質問に真剣に答えてくれた」というのは、いつも上位の常連に入っています。

逆に、質問に対する答え方がいい加減なだけで(そのつもりはなくても)、印象が悪くなったり、場合によっては選考辞退にもつながってしまいます。

では、それをどう自社の採用に活かすか?

まずは、「どんな質問にも真摯に答えるという意識を持つ」ということです。

「そんなことはわかってるよ」という方が多い(というかほとんど?)かも知れませんが、では実際にできているでしょうか? また、もしみなさんはできていたとしても、他の採用担当者はいかがでしょうか?

実際、質問はどれも熱意を持って答えられるものばかりではないでしょう。

例えば新卒であれば、同じような質問を毎回されたり、「そんなこと知らないの」というようなことを聞かれる事もあるでしょう。

ただ、質問をしてくるということは、本人なりの理由がある訳です。

例えば、残業や休日出勤についての質問は、みなさんにとってはどちらも当たり前のことでも、仕事経験の無い新卒には、とても心配なところだったりします。

また、「こんなこと質問までしてきて……」の原因は、こちらの説明不足が原因かも知れません。

まずは、それらに対して真摯に答えることが大切です。

>>次ページ あると意外と使える「想定問答集」

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 面接官が密かに用意している「会話のやらせ」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい