子供が自分でゲーム時間をコントロールできるようになる育て方

shutterstock_615265181
 

何度注意してもゲームを止めないお子さんに、ついカッとなって「ゲーム禁止!」と言ってしまった経験がある方、多いかと思います。しかし無料メルマガ『子どもが育つ「父親術」』では、親による「一方的な禁止」はかえって逆効果だとした上で、「自主的にゲームをやめられる子どもに育てる為の2つのコツ」を伝授しています。

ゲームを与える? 与えない?

子どもにとって好ましくないモノへの対処について。いくつかお伝えしたいことがあるので、何回かに分けて書いていきますね。

好ましくないモノ」と言うと曖昧ですし、人によって考え方が様々かと思いますが、ここでは例として、

  • 体に悪い食べ物
  • ゲーム
  • テレビ
  • 意地悪
  • 乱暴
  • 物を買い与えすぎる人

などを想定します。対処方法は大きく分けて2つの方向性があります。

ひとつは、触れさせない方向A)──避ける、問題を子どもから離す、排除する、などの対処方法。言い換えると、親が対処する方法です。

もうひとつは、触れさせる方向B)──問題に接しても大丈夫なように子どもを育てるという対処方法。こちらは、子ども自身が対処する方法になります。

どちらが適しているかは、ケースバイケースですが、主に「問題の大きさ・重さ」と「子どもの年齢・成長度合い」の比較で決まってきます。もちろん子どもがとても小さいうちはA100%となりますが、最終的にはB100%を目指す必要があります。

「自分で対処する」ことを始めさせる時期は、大まかな目安として3歳頃でしょうか。実際に、どの家庭でも「嫌なことを『イヤ』『やめて』と言う」などは自然と教えていることでしょう。小学校に入るあたりから子ども自身で対処する比率を高くしていって、小学校を出るまでには基本的にはすべて自分で対処できるように、成長を支えてあげたいところです。

重要なので繰り返します。最終的には、子ども自身があらゆる問題に対処できることを目指すべき(何でも独力でという意味ではありません。助けを求めることも立派な対処方法。大事なのはその助けを自分で求められること、という意味です)。

親が子どもを守ることがあっても、それは数年間だけの一時的なものだということを、心得てください。

<例1> ゲーム

私の考えは「ゲームは絶対にダメ!ではありません。問題なのは、ゲームを「やりすぎてしまうこと」と「いつ・どれだけ遊ぶかコントロールできなくなること」。

子どもが大きくなって友だちの家に行って遊ぶ機会などが増えてくれば、「触れさせないことは現実的に不可能になります。小学校に入って1~2年のうちで、子ども自身が対処できるようになれることを目指すと良いでしょう。

子どもが対処できるようになるために必要なこと(≒親がサポートできること)は、次の2つです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 子供が自分でゲーム時間をコントロールできるようになる育て方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい