なぜ七味「八幡屋礒五郎」は全国にその名が知られるようになったか?

843bbb367d24caf125b6965844bb5e58
 

長野県屈指の観光スポット、善光寺の門前に店を構えて282年の老舗「八幡屋礒五郎」。その名は知らなくても、あの大きく唐辛子の絵が描かれた金属缶を一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。伝統を守りつつ、新しいことに果敢に挑戦し続ける老舗企業の、日本から世界へと羽ばたく企業戦略の舞台裏を追いました。

唐辛子でヒット商品連発~客殺到の老舗七味店

お中元商戦が追い込みに入った東京の「西武」池袋本店。その一角のポスターに「『幸せ』に一番ちかい『辛』」の文字があった。この夏のお中元、「西武そごう」の目玉は、全国各地の名店の唐辛子を使った商品だ。

例えば、人気洋菓子店「ル・パティシエ・タカギ」がお中元用に開発した「神出雲唐辛子チーズケーキ」(5184円)。ピリッとした味の秘密は、かすかに見えるオレンジ色の粒、唐辛子だ。すき焼きの名店「浅草今半」からは、伝統の割り下に唐辛子を効かせ、黒毛和牛をピリ辛に煮込んだぜいたくなお総菜「黒毛和牛うまから仕立て」(5940円)。「神出雲唐辛子入のソーダ」なんてものもある。

そんな中、ひときわ客を集めていたのが、創業282年の老舗八幡屋礒五郎七味唐辛子。赤い色の伝統の七味は「缶入り」が14g 400円、「詰替え用」は18g 378円だ。

この夏、八幡屋礒五郎と「西武そごう」がお中元用に共同で開発した「オリジナルスパイスの詰め合わせ」は6本セット(5400円)。ラーメンに合うという独自調合の七味は灰色でブラックペッパーが多め。イタリアンに合う七味にはパセリやバジルが入っている。

1736年創業の七味専門店、八幡屋礒五郎の本店は、缶にも描かれている長野県屈指の観光スポット善光寺の門前にある。

大きな唐辛子が目印のにぎわう店内に入ると、客が手にしているのは伝統の七味。店の売り上げナンバーワンだ。だが本店には、他では手に入らない珍しい七味もある。「金箔七味」(12g 864円、数量限定)は、定番の七味に金沢の金箔が入っており、お正月やお祝いの贈り物として人気。新発売の「七味ガラム・マサラ」(12g 540円)は、家庭のカレーにふりかけるだけで、本格的なインドカレーの味に変わるそうだ。

そもそも七味は、漢方の原料を調合した日本特有のもの。今では各メーカーが売り出しているが、中身はそれぞれ結構な違いがある。

代表的な老舗の七味3つを比べても、東京・浅草「やげん堀」の七味は、関東の濃い味付けに負けないよう辛さを重視。2種類の唐辛子を使っている。一方、京都の「七味家本舗」では、関西のダシ文化に合わせ、辛さよりも香りを重視。シソや青海苔を加えている。八幡屋礒五郎の七味は、寒さ厳しい長野に合わせて、体を温めるという生姜が入っているのが特徴だ。

八幡屋本店には、客の好みに応じて素材を調合し、オリジナル七味を作ってくれるコーナーもある。素材は実に33種類。唐辛子だけでも辛さの違うものが7種類。中には「山わさび」や「すじ青海苔」などというものも。辛さも選べて、味も香りもお好み次第というわけだ。

01

七味からスイーツも続々~老舗七味店のイノベーション

本店の奥にはお洒落な「横町カフェ」がある。ここで出される「八幡屋のスパイス・ジェラート」というスイーツ(ダブル400円)には、色ごとに違う七味の素材が入っている。人気ナンバーワンは甘味のある「万願寺唐辛子」を使ったもの。ジェラートに、9種類が用意されている七味をかける食べ方が八幡屋礒五郎流

八幡屋礒五郎・9代目室賀豊の前にあるのは、この夏の新作、「横町かき氷ゆずシロップ」(500円)。室賀は相性が分かっているかのように、迷わず山椒をかける。「山椒は柑橘系なので、爽やかな味になる」と言う。

創業282年の老舗を、室賀は斬新なアイデアで変革させた。その片鱗が、店内のスイーツのコーナーに。「七味ビーン・トゥ・バー・チョコレート」は、七味の素材が一つずつチョコレートに練り込んであって、味と香り、そして食感を楽しむことができる(各648円)。「七味マカロン」は、クリームがのったパステルカラーのかわいいマカロンだ(154円)。「自社で素材の栽培を始めたんです。自社で作ると、当たり前ですがすごくいいものができるんです」(室賀)

c95b6824a9be38b46b985c95bcdbf8a2

スイーツは、八幡屋が独自で開発した唐辛子から生まれたのだ。

長野市の中心部から車で30分の飯綱町に、11年前から始めた自社農場八幡屋ファーム」がある。畑一面に育っているのが唐辛子。室賀が長年の苦労の末に開発した八幡屋のオリジナル品種だ。「ずっと信州大学と共同で品種開発して、ちょうど10年かかりました。『信八』という商標を取りました。信州の『信』に八幡屋の『八』です」(室賀)

白くて可憐な唐辛子の花が、秋には赤い実になる。唐辛子は暑い中南米が原産。それを、涼しい長野でも辛くて薫り高く育つよう、品種改良を重ねたのが「信八」だ。

唐辛子だけではない。畑のわきには山椒の実が。実は今、七味の素材の多くは海外産。室賀はそれを地元産に変えようとしている。畑の隣にある八幡屋の牟礼工場。乾燥させた唐辛子はここで加工される。まず種を取り、続いて焙煎機にかける。ここで香りが決まるという。そして機械で細かく粉砕する。

室賀の代になって、八幡屋は積極的に外に向かっている。JR長野駅の駅ビルにある信州土産を売るコーナー「信州おみやげ参道ORAHO」。そこにあったのが人気のスナック菓子、湖池屋の「カラムーチョ」の「スティックカラムーチョ八幡屋礒五郎七味唐からし味」(745円)。スティックタイプのポテトを八幡屋礒五郎の七味で味付けしてある。

ほかにも大手菓子メーカーとのコラボを仕掛けている。さらにファミリーマートとコラボしたお総菜「豚タン下の七味焼き」(298円)も、八幡屋礒五郎の味と名前を全国に広めている。

バラエティ豊富な七味と派生商品で、売り上げは右肩上がり。30年前わずか9人だった従業員は、今や90人に増えた

02

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ七味「八幡屋礒五郎」は全国にその名が知られるようになったか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい