こだわりが強い知人女性の「段ボールのカーテン」に驚嘆した件

shutterstock_1442740223
 

日常生活において不思議に思ったり、ちょっと気になったあれこれについて考察するメルマガ『8人ばなし』。著者の山崎勝義さんは今回、強いこだわりを持ち、妥協せず諦めないがゆえに「段ボールのカーテン」に辿り着いた、ちょっと変わった知人女性の人となりを紹介します。山崎さんは、極度の人見知りであるがために孤高の戦いに挑み続ける彼女のことを「人見知りファイター」と呼び、応援しているそうです。

人見知りファイターのこと

何でもこだわる人がいる。きっとそういう人は自分の中の好悪の基準がはっきりしているのであろう。今日はそんな人の話である。私にとってはものすごく面白い、知り合いの女性の話である。

その話の前に、まず一つ断わっておきたいことがある。彼女は所謂変人である。私がこれまで知り合った中でもダントツの変人である。このように書いてしまうと読者の脳内にあっては既に随分風変わりな容姿の持ち主として想像されているかもしれないが、実のところ彼女は美人である。年齢も若い。ただどちらかと言えば童顔の部類に入る面立ちなので周囲の女性からは「かわいい、かわいい」とよく言われている。これは大事なことなのでくれぐれも忘れぬように。

それでは話を始める。この人は基本無口である。極度の人見知りなのである。故に自分から話すことはまずしない。かと言って会話すること自体を嫌っている訳でもなく質問に対しては驚くほど的確かつ迅速に答える。この人の返答のあり方は基本3種類に分類できる。

  • 肯定
  • 否定
  • 回答不能

である。

面白いのは、肯定においても否定においても必ずそれなりに納得できる理由があるところである。回答不能の時は質問がオープン過ぎるからであり、それもその旨を相手にきちんと伝える。質問がクローズドになって回答可能となるとその時はやはり肯定か否定で答える。但し会話に関しては例外なくこの式で行くから話しかけられなければいつまでも沈黙が続くことになる。

またこの人は極端な偏食である。まずほとんどの食材は苦手である。故にランチは常に持込みである。うっかり出先で調達しようなどと考えると食べられるものが全く見つからず終には一食抜きの憂き目に合うことになってしまうのだそうだ。一度、打ち上げか何かの立食パーティーで空の皿を手に持ってただただウロウロしているだけの彼女に会ったことがあるが、その時はもう事情が分かっているだけにお互い笑うことしかできなかった。

またこの人は日常変なチャレンジをして遊んでいる。例えば、ポケットティッシュをミシン目のない側から綺麗に開けてみたり、封筒の開かない方から丁寧に開けてみたりなどしている。なぜそんなことをするのか一度理由を聞いたことがあるが、どうも彼女にとってそれはある種の勝負のようなものであり、まず負ける訳にはいかないのだと言う。いよいよ不可思議な人である。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • こだわりが強い知人女性の「段ボールのカーテン」に驚嘆した件
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい