韓国とは別。日本人になら可能な人口減少に負けぬ国づくりの方法

shutterstock_524909476
 

「人口減少問題を解決しないことには国が衰退する」と各方面から指摘されているものの、残念ながらその対策は進んでいるとは言い難い状況の日本。しかし、「出生数増以外で国の生産性を回復する方法がある」という興味深い考察もあるようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、日本在住30年の世界的な金融のプロが、データ分析で導き出した「日本復活のカギ」となる対策を紹介しています。

日本人の勝算

ベストセラー、『日本人の勝算:大変革時代の生存戦略』を読みました。著者のデービット・アトキンソンの経歴は、とてもユニークです。

1965年イギリス生まれ。日本在住30年。オックスフォード大学「日本学」専攻。裏千家茶名「宗真」拝受。1992年ゴールドマン・サックス入社。金融調査室長として日本の不良債権の実態を暴くレポートを発表し、注目を集める。2006年に共同出資者となるが、マネーゲームを達観するに至り2007年に退社。2009年創立300年余りの国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社に入社、2011年同会長兼社長に就任。2017年から日本政府観光局特別顧問を務める。

日本在住30年というと、1989年ですね。バブル絶頂と、その後の暗黒の30年を日本で見つづけてきた。長年ゴールドマンサックスで勤務されたので、金融のプロ

こんなデービッド・アトキンソンさんは、日本復活のために何が必要だと考えておられるのでしょうか?

日本の根本問題

アトキンソンさんが考える「日本の根本問題は、人口減少」です。彼は、国連のデータを基に、2016年と2060年の人口差を予測しました。24pに出てくる予測だとアメリカの人口は2060年、2016年比で25%増えます。カナダは、25.5%増加。イギリスは、17.4%増えます。フランスは、11.3%増える。インドは、なんと31.8%の増加。

今度は、減少する方を見てみましょう。中国は、9%の減少。一人っ子政策の副作用が出てきます。ドイツは、マイナス12.8%。イタリアは、マイナス8.5%。最近出生率が1を切ったといわれる韓国は、マイナス5.6%。ロシアは、マイナス13.4%。ロシアは、政策で出生率を1.16から1.75まで上げることに成功したのですが、また下がるのでしょうか。スペインは、マイナス7%。

日本は?2060年の人口は、2016年比でどうなるのでしょうか?なんとなく「減る」と思っているでしょうが。何%減る???答えを紙に書いてから、先に進んでください。答えは…………。

 

 

 

 

 

マイナス32.1%!!!!!!!!!!!!!!!!!日本は、「人口減少率で、ダントツ世界一です。それで、親日のルトワックさんも、日本が嫌いと思われるジム・ロジャーズさんも、口をそろえて、「少子化、人口減少が日本最大の問題だ!」といいます。

最大の問題は、日本政府と政治家さんが全然気にしていないことでしょう。自民党は、「アメリカ製憲法を少しいじって歴史に名を残したい」などと考えている。野党は、「桜の会」のことしか考えていないようです(ちなみに、アトキンソンの話は、「人口減少は、不可避な流れ」という前提で進んでいきます。ですが、私は、「移民に頼らずとも人口を増やす方法はある」と考えています。その方法を知りたい方は、『日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う』をご一読ください)。

労働者の質が高く、生産性が低い日本

この本の中で、アトキンソンさんは、人口減少に負けない国づくりの方法を、いろいろと提示しています。全部書くスペースはないですし、あまりにもネタバレしすぎになるのも問題でしょう。そこで、私が「面白い」と思った点を、少しあげておきます。

アトキンソンさんは、「日本人の人材の質が非常に高いことに注目しました。「World Economic Forum2016のデータによると、OECD諸国の「人材の質ランキングで、日本は世界4位です。ちなみに、1位は私が08年から絶賛しつづけている国フィンランド。2位はノルウェー、3位はスイスです。ちなみにアメリカは24位、韓国は32位。つまり、「日本人は優秀だ」と。

一方で、日本の労働生産性が、あまりにも低いことにも注目しています。世界銀行のデータ(2016年)によると、日本の労働生産性は、世界29位!ちなみに、1位はルクセンブルグ。4位シンガポール、9位アメリカ、19位イタリア、25位スペイン。

なぜ日本の人材の質は高いのに、労働生産性はこんなに低いのだろう?」という問題意識がでてきました。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 韓国とは別。日本人になら可能な人口減少に負けぬ国づくりの方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け