旨い話には裏がある。旧民主党が実現できなかった月7万円「最低保障年金」の罠

 

そして最後にこれが一番問題だったんですが、新年金にしてもその新年金制度から受給者が出てくるのに最低40年はかかり、新年金から受給者が出ても今現在適用されていた年金制度(今の基礎年金やら厚生年金)からの給付を続けなければならないというものでした。

年金っていうのは、制度が新しくなっても新しくなるまで適用されていた人が生きている間は従来の年金制度を続けなければならない性質があるんですよ。なぜかというと今の年金を貰ってる人がいますよね。例えば今の年金200万円貰っていました。

ところが受給中に法律を変えて新しい年金制度になり、計算式も変わりましたとします。新しい計算式になると、金額が変わってきたりしますよね。計算式が変わったので場合によっては金額を下げさせてくださいと。

まあこんな事をやるのは許されないので、従来の年金で貰う約束だった人はそのまま従来の年金を終身続けて既得権とか期待権を保護する事をします。既得権を保護するために、年金には従前の保障とかいろいろあるんですよ^^;だからどうしても複雑になる。

昭和61年4月に現在の新年金制度である基礎年金制度になりましたが、昭和61年3月までの従来の年金制度から支給されてた人は今も支給されています。およそまだ100万人以上の方が受給されています。

このように旧民主党案は実現可能性が全く無くて、中所得者以上の人は現在の年金制度より金額が低くなるし、消費税は更に2倍近く取る必要があるし何かこう問題が多すぎて国会に法案を提出する事が出来なかったわけです。今の年金制度より更に条件悪くなるのに、提出できるわけがなかったですね…

なので最低でも月7万円!というのは、聞いた感じは良さそうだったけど全然実現可能性はなかったものでありました。でも多くの人はそれに期待して政権交代に繋がっていったわけですが…。

ちなみに年金を税方式で支給したり、積立金で支給する事は大きな問題があるので、そこは9月22日の有料メルマガで配信します。

9月22日の第208号は、「なぜ年金を全額税金で支給したり、積立金でやるのはデメリットが大きすぎるのか」

事例と仕組みから学ぶ公的年金講座 (月額770円税込み毎週水曜日20時にメルマガ発行)
登録初月無料。途中で登録されてもその月の発行分はすべてお読みいただけます。

image by: Tupungato / Shutterstock.com

年金アドバイザーhirokiこの著者の記事一覧

年金アドバイザーのhirokiと申します! 年金は国民全員にとってとても身近なものであるにもかかわらず、なかなかわかりづらくてなんだか難しそうなイメージではありますが、老齢年金・遺族年金・障害年金、その他年金に関する知っておくべき周辺知識をご紹介します。 最新情報も随時お届けしています。 ※まぐまぐ大賞2016「知識・ノウハウ部門」2位受賞、2017年まぐまぐ大賞メディア部門MAG2NEW賞12位受賞、2018年まぐまぐ大賞知識ノウハウ部門5位受賞。 まぐまぐ殿堂入りメルマガ。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座 』

【著者】 年金アドバイザーhiroki 【発行周期】 不定期配信

print
いま読まれてます

  • 旨い話には裏がある。旧民主党が実現できなかった月7万円「最低保障年金」の罠
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け