神様不在の神無月に「神頼み」するなら、どの神様がいいの?

 

日本では10月を「神無月」と呼びますが、その名の通りこの時期は神様たちが出雲の国へ出張してしまうため、神社はお留守になってしまうのだとか。では、この時期の参拝は無意味なのでしょうか? いいえ、決してそんなことはありません。今回の無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』では、その留守を預かる七福神でもおなじみの「えびす様」のお話と、神社でのNG行為が紹介されています。

10月の神頼みをする相手はどの神様?

今回のテーマは「幸運を呼ぶ神様」のお話。

9月は神様の本場インドから誕生月の「ガネーシャ」をご紹介しました。ガネーシャは太っ腹であらゆる願いを叶えてくれる神でしたが(笑)、今月10月は日本の七福神から日本古来の唯一の福の神として有名なえびす」についてお伝えします。

なぜ今月「えびす」か?

それはまず陰暦十月が神無月であることに由来します。今月は全国の神々が出雲の国へ出張されてしまうので、出雲地方以外の地に住む人にはまさに神無月。

なぜ全国の神々が出雲へ出張するかというと、それは全国の人々の縁を結ぶ為の神様会議が開かれるからだとか。神様は我々の人間関係の為にそうした実務も行っているんですね(笑)。

だから普段神社ではご苦労様ですと神様の労をねぎらわなきゃいけません。こうした神社にお参りする際の注意点は最後に記載します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 神様不在の神無月に「神頼み」するなら、どの神様がいいの?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい