原因は酒・タバコ? 1000人に1人が発症する「目の奥が痛い頭痛」

2016.11.28
160
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_387045928 copy
 

原因がよくわからない日常的な偏頭痛に悩まされていませんか?

近頃、頭痛を訴える人が増えています。

頭痛にもこめかみが痛んだり、後頭部が痛んだり、とさまざまな種類があります。

ここでは痛みに特徴のある「群発頭痛」についてご紹介します。特に目の奥が痛い頭痛を感じている人は要注意です。

詳しく見ていきましょう。

夜中や朝方に多い「群発頭痛」

目の奥が痛い頭痛の場合、いくつかの種類がありますが、代表的なものは「群発頭痛」です。

群発頭痛は夜中や朝方などに起こることが多く、決まった時間に発作が起きます。発作はだいたい15分~3時間ほどですが、なかには3か月続く人もいます。

群発頭痛を引き起こす人は20~30代の男性に多く、群発地震のようにひっきりなしに頭痛が起こるため、この名称がつきました。1000人に1人の割合で発症し、発生頻度が低いこともあり診断されるまで数年かかることもあります。

頭痛以外の症状は次の通りです。

・痛くなる方の目が真っ赤に充血する
・涙が出る
・まぶたが腫れる
・鼻が詰まる
・鼻水が出る

「群発頭痛」が起こるのはどうして?

群発頭痛は、何かしらの原因で内頚動脈(ないけいどうみゃく)が拡張して起きるものと考えられています。

「内頚動脈」とは、目の奥にある脳に栄養を送る太い血管のことをいいます。

2~3年周期で発作を繰り返しますが、頭痛の発作が起きている「群発期」を過ぎるとしばらくの間、頭痛は治まります。

発作時間がほぼ一定なことから、脳の体内時計に関係していることが考えられています。偏頭痛と比べても痛みが強いため、うずくまってしまうこともあるようです。

やわらげるにはどうすればいい? 

アルコールを飲んだり煙草を吸ったりすると、時間に関わらず発作が起こる可能性があります。発作が起こっている期間は、飲酒や喫煙は控えましょう。

また、体温が急激に上昇すると自律神経のバランスが変化するため、入浴時はお湯に浸からずシャワーで済ませるようにしましょう。

ぬるま湯でもリスクが高いので、完治するまでは入らないほうが無難です。

「群発頭痛」以外に目の奥が痛む頭痛って?

偏頭痛(片頭痛)

偏頭痛の症状でも、目の奥が痛むことがあります。頭部の血管や神経に異常が起こることによって偏頭痛になります。このとき、血管が拡張されて目の周辺をつかさどる神経も圧迫されると目の奥に痛みが生じるのです。

急性緑内障

眼圧が急激に上昇することで視力が急に低下します。頭痛や吐き気とともに、目に激しい痛みを感じるでしょう。

すぐに処置をしなければ失明を起こす可能性があります。

自分の頭痛の原因を知って、適切に対処したいですね。

 

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)

 

<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー

image by: Shutterstock

 

【関連リンク】

印刷する

記事提供:Mocosuku(もこすく)

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 原因は酒・タバコ? 1000人に1人が発症する「目の奥が痛い頭痛」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい