危機は回避されたのか? 北朝鮮に甘い中国を動かす3つの方法

kitano20170417
 

一部メディアで「金日成元国家主席の生誕記念日の4月15日に北朝鮮が核実験を行うのでは」との報道があり、さらに「その動きがあった場合は、アメリカが北朝鮮への軍事攻撃に踏み切る」との情報も出たことで、一気に緊張状態が高まった朝鮮半島情勢。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では、著者の北野幸伯さんが、第2次朝鮮戦争を回避・平和的に解決する手段を独自の視点で考察しています。

第2次朝鮮戦争をストップし、半島非核化を成し遂げる方法

4月14日から16日にかけて、「朝鮮半島で戦争が勃発するのではないか?」と心配していた人も多かったと思います。4月13日、アメリカのメディアは、「北朝鮮が核実験を強行した場合、米軍は先制攻撃する」と報じました。そして、「金日成生誕105年」にあたる4月15日、「金正恩は、核実験をするのではないか?」と予想されていた。つまり、「それをきっかけに米軍が先制攻撃し、北朝鮮が反撃することで、戦争が起こるのではないか?」と。

しかし、4月15日は、軍事パレードがあっただけで、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験はありませんでした。4月16日、北は、弾道ミサイル実験を行いましたが、ICBMではありませんでした(そして、失敗した)。

というわけで、ひとまず戦争の危機は回避されました。しかし、北が、核実験ICBM実験を永遠にやめることはないでしょうから危機は続いていきます

今回は、第2次朝鮮戦争を回避し半島非核化を成し遂げる方法について考えてみましょう。

中国がポイント

この問題、日本政府もアメリカ政府も同じ認識ですが、「中国がポイント」です。なぜ? 北朝鮮が「制裁下」で生き残っているのは、中国が支援を続けているからなのです。中国が、支援と貿易をストップすれば、金体制は1年もたないでしょう。

では、なぜ中国は、北支援を続けるのか?

1.北朝鮮の核兵器は、中国の脅威ではないから

北朝鮮が核兵器やICBMを持っても、中国は困りません。なぜなら北の標的は、韓国、日本、アメリカだからです。そう、北朝鮮の核兵器は、まったく中国の脅威ではないのです。

2.金王朝が崩壊し、韓国中心に半島が統一されると困る

北朝鮮が崩壊し、韓国中心に半島が統一されたらどうでしょうか? アメリカの同盟国・韓国が、半島を統一した。すると、北と中国の国境近くに、米軍基地ができるかもしれない。北京を即座に壊滅させることのできるミサイルが配備されるかもしれない。

中国にとって、緩衝国家の消滅は、「悪夢」です。それで、「わがままな金正恩でも、いたほうがまだマシ」ということなのです。

中国を動かす方法1 韓国への核兵器配備

中国がこんな感じなので、本気で制裁などしません。金正恩体制が続くよう、きっちり支援をつづけている。中国を動かす方法はあるのでしょうか?

こんな方法はどうでしょうか?

トランプさんは、言います。「北朝鮮は核を持ち、韓国は核を持ちません。パワーバランスが崩れているので、戦争が起こりやすくなっています。均衡を取り戻すために、韓国にを配備するつもりです」。

中国は、メチャクチャ嫌がることでしょう。なぜ? 「アメリカは、『ピョンヤンがターゲット』と言いながら、『北京も狙えるような核ミサイルを配備するだろう」と思うから。

そして、「北朝鮮が核兵器を放棄すれば、もちろん韓国に核兵器を置いておく必要はなくなる」と約束する。中国は、自国の安全が大いに脅かされることになるので、モチベーションが高まります。

print

  • 危機は回避されたのか? 北朝鮮に甘い中国を動かす3つの方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け