ロケットマンと急接近の米韓。カヤの外に置かれた日本の立場は?

 

この急速な流れと進展に対し日本政府は、「北は日米韓の連携を分断しようとしているのだろう。北朝鮮の過去の対話は非核化につながってきておらず、アメリカの北朝鮮に対する制裁の効果が出ているので、平昌五輪参加などを通じて必死に“ほほえみ外交”を試みているのだろう」と冷ややかにみていた

しかし、アメリカが米朝首脳会談に応ずる姿勢をみせ始めたことから、日本の頭越しに話が進んでいることに警戒感を示している。

実際、ここへ来て急速に南北対話米朝対話の動きが進展していることに疑念の声もあることは事実だ。アメリカの制裁が厳しくなり北が音をあげてきたため、いつもの北の時間稼ぎだろうという見方など、だ。ただ、アメリカが本気で北を攻撃するとなれば、北の体制は一挙に崩壊しかねないので、対話路線に切り換えたという見方も有力だ。

いずれにせよ、北が核廃棄を約束したとしても実現までには相当な時間がかかるし、検証も必要になる。事は4月末以降から本格的に動き出すとみられるが、日本はまた完全にカヤの外に置かれている格好だ。また拉致問題などがどう扱われるかも気になるところだが、米朝対話で重要な議題となるかどうかも定かでない。日本はまたもアメリカのシリを追いかけるしか術がないのか。

image by: Shutterstock.com

嶌信彦この著者の記事一覧

ジャーナリスト嶌信彦が政治、経済、文化、社会情勢などの底流や本質などについて発信。これからの世の中はますます動乱の時代。潮流を知ることが大事となり、その一助になれば幸いです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」 』

【著者】 嶌信彦 【発行周期】 ほぼ 平日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • ロケットマンと急接近の米韓。カヤの外に置かれた日本の立場は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい