台湾で「日本人が落としたスマホが無事返還」が大報道されるワケ

 

今回のスマートフォンの件以外にも、今年の4月末には、2年半前に女子大生が石垣島でダイビング中に紛失したカメラが宜蘭県の海辺に漂着、それを拾った小学生が持ち主探しを呼びかけ、その結果、女子大生のものだということが判明、女子大生が母親とともに宜蘭県の小学校を訪れ、全校をあげた歓待の中、カメラが返還されたということがありました。

漂流カメラ持ち主の日本人女子大生、宜蘭で児童と対面 感謝伝える/台湾

この件は、自由時報が一面でカラー写真付きで報道するだけでなく、台湾のテレビでも美談として中継していました。

台湾人のなかで「自分は中国人だと考える者の割合は年々低下しており、現在では5%未満という調査もあります。また、今年の1月8日には、台湾の自由時報が、台湾の若者のあいだで「台湾は中国ではない、台湾人は中国人ではない」という意識が急速に強まっているという、アメリカ人コラムニストの記事を伝えています。

中国人のマナーや道徳心のなさが世界中で顰蹙を買っていることは言うまでもありません。同じ中国語を話しているからといって、中国人と一緒にされたくないという思いが、台湾人のなかで強まっているのです。

もちろん、台湾人のみならず、香港の若者も、中国人と同一視されたくないという風潮が強まっています。

いずれにせよ、台湾人と中国人はまったく異なる人種なのです。もちろん、中国と台湾の統一を願う外省人(戦後、中国本土からやってきた中国人)もまだまだ少なくありませんが、70年近く前に台湾に進駐してきた彼らも、その子ども、孫の世代になるにつれて「台湾人意識」が芽生え、強くなってきているのです。

台湾で「日本人の忘れ物が持ち主に戻った」ということがニュースになる背景には、「中国人と台湾人は違う」「日本人と台湾人は近い」ということを言外に示している部分もあるのです。

image by: NH / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年5月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

※今月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2018年4月分

  • 中国の対米報復関税は習近平の命取りになる/中国の圧力にもかかわらず、国際社会で進む台湾の「国家化」(2018/04/4)
  • 大谷翔平フィーバーの背後で、在米韓国人の反日活動が活発化する可能性/95歳の李登輝がいま「台湾独立」を呼びかける意味(2018/04/10)
  • 中国当局の代弁者となったジャッキー・チェンに対して広がる反感/欧米の後押しを背景に外遊に出る蔡英文(2018/04/17)
  • 南北首脳会談を前に軍事行動を活発化させる習近平の焦り(2018/04/024)

※1ヶ月分648円(税込)で購入できます。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年5月22日号の一部抜粋です。

黄文雄この著者の記事一覧

台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる!

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」 』

【著者】 黄文雄 【月額】 初月無料!月額660円(税込) 【発行周期】 毎週 火曜日 発行予定

print

  • 台湾で「日本人が落としたスマホが無事返還」が大報道されるワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け