女生徒いじめ動画拡散の衝撃。被害者にモザイクなしの胸クソ悪さ

shutterstock_1199134285
 

女子生徒が男子生徒に殴る蹴るの暴行を受ける動画がSNS上で拡散され、そのあまりの酷さに衝撃が広がっています。5月に発生したものと伝えられる「事件」の動画が9月になって出回る事態となった裏側には、複雑な事情があるようです。現役探偵でこれまで数多くのいじめ問題を解決してきた阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、自身のメルマガ『伝説の探偵』で当案件を取り上げるとともに、教育界の機能不全を指摘しています。

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

 

葛飾暴力動画拡散の衝撃

2019年9月5日、衝撃的な動画がTwitterで拡散されていった。河川敷で女の子が男の子に暴行を受けている動画だ。モザイクもなく、そのものがそのまま垂れ流されていた。拡散元はすぐにアカウントが無くなってしまったが、そのコメントにはこう書いてあった。

葛飾の子なんですけどみんなの前で蹴られ殴られ挙げ句の果てには…(中略)とても胸糞悪いお話ですが警察も動いてくれないっぽいので関係者希望で拡散させていただきます。

各社報道機関もネットにトピックとして取り上げ、警視庁などへ取材をした結果を記事にしている。ニュースの大まかな情報は、「葛飾区の女子生徒が江戸川区の男子生徒に、今年5月に江戸川区の河川敷で暴行をされ、葛飾署に被害相談をした。少年事件課や同署が暴行事件として調べている」というものであった。

その後、続報として「葛飾区教育委員会はいじめの有無を調査中」と出て、この動画を見てもいじめかどうかわからないのかと批判の声が相次いだ。

また、ネットでは犯人探しが加速、動画の中では加害行為者の名前が呼ばれていることもありすぐに特定されていた。現在、関係者の氏名や学校名などがネット上にさらされている状態だ。

拡散された動画の内容

拡散された動画では、男性生徒が一方的に女子生徒を殴り蹴るというようなものであった。

また、動画の撮影者などと会話をしており、「前回よりぜんぜんやっているよ」「やり返していいんだよ」「これじゃリンチになっちゃう」「10分経っちゃうよ、あと2分」「誰に対してのごめんなさいだよ」という言葉はハッキリと聞き取ることができる。

この会話から、この前にも暴行は行われており、それは以前もあったということがうかがえる。また、動画には、複数人の同学年と思われる人物も映っており、集団でこれら暴力を振るっていたことがわかるものである。

誰が見てもこれは一方的な暴力であり、集団で行なったものである。ネットでは「なぜ逃げないのだ」という意見が多少あるが、被害者はこの場から逃げてもまたやられる、次はもっとひどくやられる、今は耐えるしかないと考えてしまうということを全く理解できていないと言えよう。

なぜ5月の事件が9月に

この動画は「葛飾暴行事件」と調べれば、9月9日現在、簡単に閲覧することができるだろう。

初めの投稿者は、警察もなかなか動いてくれないという主旨を出していることから、事件の進展がなかったように感じられていたということなのだろう。

ただ、やはり多くの事案でも同じなのだが、特に少年法で守られる子どもらが起こす事件については、現行犯でもない限りなかなか進展しないことは事実だ。

今回はネットの拡散が進むことで、大事件となって大きく動いているように見えるが、報道を確認する限り、「把握している」「捜査していることがわかった」ということのみであり、すでに補導しているなどの事実は報じられていない

印刷する

人気のオススメ記事

  • 女生徒いじめ動画拡散の衝撃。被害者にモザイクなしの胸クソ悪さ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい