トランプとバイデン、悪はどちらだ。米大統領弾劾が無理筋な理由

shutterstock_1190031697
 

9月25日、トランプ大統領は、自身に対する弾劾調査に対抗し問題とされる「ウクライナ大統領との電話会談」の内容を公開しました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、弾劾手続き実現の可能性は低いとした上で、反対に「弾劾を仕向けるバイデン側とウクライナの深い結びつきを示す事実」を紹介しています。

トランプ弾劾調査とバイデンの闇(★5年前に指摘)

アメリカ、トランプ弾劾調査開始で盛り上がっています。何でそんな話になったのでしょうか?BBC NEWS Japan 9/26から。

トランプ氏とウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は7月25日、電話で会談した。その中でトランプ氏は、バイデン親子を捜査するよう圧力をかけたとされている。さらにトランプ氏は、連邦議会が承認したウクライナへの軍事援助2億5,000万ドルについて、同じ会話で触れたとされている。トランプ政権はこの援助金の支払いを、9月半ばまで先延ばしにしていた。米紙ワシントン・ポストは23日、トランプ氏がミック・マルヴェイニー首席補佐官代行に対して、ウクライナとの電話の少なくとも1週間前に、ウクライナへの軍事援助4億ドルの供与を停止するよう指示したと伝えた。

つまり、トランプは、ゼレンスキーに、「バイデン親子を捜査すれば軍事援助をするが捜査しなければ援助しないと脅した可能性がある。

ところが、トランプ政権は電話会談の内容を公開しました。注釈がついていますが、是非ご一読ください。

● トランプ氏とウクライナ大統領の電話会談の全内容、注釈付き 
9/26(木) 21:23配信

これ、読んだのですが、何が問題なのかさっぱりわかりませんどこが圧力なのか。どこかの国の大統領が、別の国の大統領に、「汚職を調査してくれないか?とお願いして何が悪いのでしょうか?

この話、これから一時期盛り上がる可能性はありますが、民主党が勝つ可能性は少ないでしょう。なぜか?アメリカの弾劾手続きというのは、下院が訴追して、上院が判決を下す。トランプを解任するためには、上院の3分の2がそれを支持しなければならない

そうなのですが、上院は現在、共和党53議席、民主党45議席、無所属2議席。民主党が目的を達成するためには、共和党議員20人を「裏切らせる」必要がある。「絶対無理」とはいいませんが、「相当難しい」といえるでしょう。

私が今回書きたいのは、トランプのことではなく、バイデンのことです。いったい、トランプは何を知りたいのか

2014年2月、ウクライナで革命が起こりました。それで、親ロシアのヤヌコビッチ政権が倒れた。そして、親米政権が誕生した。その後、当時副大統領だったバイデンの息子ハンター・バイデンが、ウクライナのガス会社ブリスマの取締役になった

これどうですか?常識的に考えると、「怪しいよね」と思うでしょう。それで、ウクライナで捜査がはじまった。バイデン副大統領は、「ウクライナ新政府に圧力をかけ捜査を担当していたウクライナの検事総長を解任させたという疑惑。トランプは、ゼレンスキー・ウクライナ大統領に、「この件調査してよとお願いした。私的には、「バイデンの方がダメでしょ」と思います。

ちなみにこの件、2014年に出版された拙著『日本人の知らない「クレムリン・メソッド」世界を動かす11の原理に書いてありました。手元にある方は、p159~p162を開いてください。でも、その為だけに、「クレムリンメソッドを買ってください」というのも何ですので、転載させていただきます。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • トランプとバイデン、悪はどちらだ。米大統領弾劾が無理筋な理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい