三浦瑠麗とほんこんが匂わせ大炎上。なぜ壺サーの姫は「女ほんこん」に進化したのか?保守論客の蜜月にネットざわつく

2022.09.11
2606
by qualia(まぐまぐ編集部)
20220911-Lully_Miura_eye
 

旧統一教会をエクストリーム擁護して炎上した国際政治学者・三浦瑠麗氏(41)が、早くも新たな騒動に巻き込まれた。お笑いタレント・ほんこんこと蔵野孝洋氏(59)との“匂わせ”急接近が原因だという。ネット上での三浦氏の二つ名は「お壺ね様」「壺サーの姫」から「女ほんこん」へ。進化を続けるLullyにいま何が起きているのか?

三浦瑠麗氏とほんこん氏の“匂わせ”疑惑とは?

三浦瑠麗氏は3日放送の『朝まで生テレビ!』(テレ朝系)で、「パチンコや競馬や酒も合法的に家庭を壊したりするので、実質、統一教会と同じようなもの」と発言。

視聴者から「旧統一教会問題を矮小化しすぎだ」「統一、勝共、笹川良一とくれば競馬じゃなく競艇だろ」など痛烈な批判を浴びた。

一方のほんこん氏は、バラエティ豊かな差別発言の数々で知られる杉田水脈総務大臣政務官(55)と親密ツーショット写真を撮影したばかり。

杉田氏からツイッターで「SNSでやりとりさせていただいたことはありますが、お会いするのは初めて」と熱烈なラブコールが送られるなど、人生最大のモテ期を迎えている。

そんな矢先に、三浦氏とほんこん氏の「ただならぬ関係」が噂され始めたというのだから穏やかではない。2人の“匂わせ”疑惑とは、いったいどのようなものなのか?

「“匂わせ”にもいろんな意味がありますが、三浦瑠麗さんとほんこんさんが男女の仲というわけではないと思いますよ。今回は色恋沙汰ではなく、純粋にこの両者があまりにも『似すぎている』ことに世間が気づきはじめた、ということなんです」(週刊誌記者)

そう説明するのはネットの流行ネタに詳しい記者だ。実際に編集部でSNSを確認したところ、

《誰かに似てると思ったらほんこんさんだ》

《三浦瑠麗=女ほんこんは言い得て妙》

《三浦ルーリーの吉本入りは近い》

《女ほんこんはパワーワードすぎて草》

など、2人の類似性を指摘する投稿は増加の一途。11日現在、SNS上では三浦氏の異名として「女ほんこん」がすっかり定着している。

【関連】かつては統一教会叩きを煽動していた『月刊Hanada』花田紀凱編集長の見事な“改宗”ぶり

なぜ三浦氏は「女ほんこん」と呼ばれるのか?

だが、美人風論客としてオジサン世代に絶大な人気を誇り、テレビでも引っ張りだこの三浦瑠麗氏と、後輩芸人への説教が多いとされ「吉本ブサイクランキング」で殿堂入りしたこともあるほんこん氏では、周囲に与える印象は大きく異なるだろう。

社民党の福島瑞穂党首(66)が7月、ニコニコ生放送の参院選特番で安倍元首相と旧統一教会の関係に言及した際、批評家の東浩紀氏(51)が「あのーこれさぁ…自民党は統一教会と関係しているからこのようなテロを招いたっていうことを言った!?」と激昂したのは記憶に新しい。

あのときは三浦氏が「ほぼそれに近い」と合いの手を入れたことで、東氏も咄嗟に「これは大変な発言ですよ!」「これとんでもねぇ話だなぁこれぇ!?」とイキり散らすしかなくなり、散々な結果となってしまった。

しかし、もし隣にいるのが三浦氏ではなくほんこん氏だったら、もう少しマシな展開もあったのではないか。相手がほんこん氏なら「壺サーの姫ルーリーの前でいいところを見せたい」という男の下心は生じないからだ。

両者にはこれほどの違いがあるにも関わらず、それでもなお、三浦氏とほんこん氏が「似ている」と言われる根拠はいったい何なのか?

「三浦さんとほんこんさんは、顔が似ているというだけではありません。この2人はもともと、安倍政治や統一教会問題、国葬問題などに対するスタンス、政治思想がかなり近いんです。それらの共通項が最近の炎上騒ぎで“再発見”され、ネット上で急速に拡散されているというのが今の状況でしょうね」(前同)

【関連】統一協会から目をそらす「安倍マンセー派」に小林よしのり氏が“贈る言葉”

女ほんこんとほんこん氏、浮かび上がった共通点

前出の記者氏によれば、三浦瑠麗氏とほんこん氏には、「安倍元首相を過剰にヨイショする」「統一教会を意味不明の論理で擁護する」「英女王の死去で弔問外交としての意義を失った安倍元首相の国葬儀になぜかすごくポジティブ」など、複数の共通点があるという。

そこで、あらめて2人の特徴を整理したところ、瓜二つと言っても過言ではない“相思相愛”ぶりが浮かび上がってきた。

20220911hongkong-miura_r2

なるほどこの匂わせ具合なら、「女ほんこん」呼びがすぐさま定着したのも無理はない。「女ほんこん」の称号には、和製ロナウドや小野伸二2世をも凌ぐ強い説得力がある。

【関連】櫻井よしこ氏「韓国スパイ疑惑」報道その後。なぜ告訴に踏み切らないのか?

さらに実はこの2人、政治スタンスだけでなく、根本的な“芸風”の面でもかぶっている部分が多いようだ。

print
いま読まれてます

  • 三浦瑠麗とほんこんが匂わせ大炎上。なぜ壺サーの姫は「女ほんこん」に進化したのか?保守論客の蜜月にネットざわつく
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け