fbpx

1月の株主優待は「靴」がお得!? 新設&優待利回りで注目の2銘柄=トコタン

1月のおすすめ優待銘柄 その1:ダブルエー<7683>

ダブルエーは、婦人靴の製造小売りを日本と中国、香港で展開している会社で、自社ブランド「ORiental TRaffic」を中心に全国100店舗以上を展開しています。

こちらは、2020年9月14日に株主優待を新設すると発表があり、毎年1月末時点の株主が対象となり、100株以上の株主に、自社の婦人靴ブランド『ORiental TRaffic』『WAORiental TRaffic』『ORTR』『WA!KARU』の好きな靴1足と無料で交換できる『株主優待券』を贈呈となるそうで、最大で1万780円(税込)の商品に利用できるようです。

《優待銘柄情報》
ダブルエー<7683>
最低単元購入価格:28万1,000円(※1月21日終値)
権利付き最終日:1月末
《優待内容》
★株主優待券(お好きな靴1足無料券)
100株以上 1枚

株主優待券は、婦人靴ブランド「ORiental TRaffic」「WAORiental TRaffic」「ORTR」「WA!KARU」の好きな靴1足と交換できるようですが、注意する点としては実店舗でしか利用することができず、ECサイトでの利用はできないということですので注意が必要です。また、同社ブランドの「NICAL」「HIMIKO」の商品との交換は不可のようです。

こちらは優待新設発表されてまだ一度も株主優待を実施していないので、実際に株主優待が出回ってみると使い勝手やら評価がわかるかもしれませんね。

ただこちらも、新型コロナウイルスの影響による店舗の臨時休業などを受けて、大幅な減収減益になっていますので、株主優待目当てだけで保有するには注意が必要かもしれません。

以上が1月権利銘柄の優待で、最近優待新設発表を行った2銘柄をご紹介させていただきました。
権利銘柄が少ない月こそ、じっくり厳選して銘柄を見つけたいですね。

私が銘柄を選ぶ基準のひとつとして、純粋にいただける株主優待に「お得感があるか」「魅力的であるか」であり、必ずしも企業業績を考慮しているわけではありません。投資をされる際の判断は自己責任にてお願いいたします。

【関連】バイデン政権誕生前後に株価調整?シーゲル博士、ガンドラック氏の見解は=江守哲

【関連】「焼肉の和民」転換は大正解。沈む居酒屋業界から這い上がる理想の一手=馬渕磨理子

【関連】「今さら投資は遅い」と思ってる?バブル崩壊で損しないお金の増やし方=川畑明美

【関連】金・銀・プラチナに妙味アリ。今から3~5年で3倍もありえる=洞口勝人

image by:Syda Productions / Shutterstock.com
1 2

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2021年1月22日)
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー