fbpx

プーチンがまた暴挙。「紙くず」となったルーブルで無理やり外貨建ての借金返済へ。デフォルト危機を乗り越えても国際金融界から総スカン=栗原将

「悪徳両替商」ロシアと世界はビジネスをしなくなる

ロシアが仮にデフォルトを乗り切ったとしても、国際金融界からは完全に締め出しを喰らいます。

過去のクリミア侵攻以来、クレディ・スイスなど一部の金融機関を除いてロシアへのエクスポージャー(与信額)は減少していましたから、今回の債権が焦げ付いても、過去のLCTM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)破綻のようにはならないと言われています。

ですが、ロシアが今回のような、いわば“悪徳両替商”みたいな振る舞いを行えばどうなるでしょう。加えて、別の記事では、経済制裁をしている国の債権について「報復的な意味合い」でルーブル建て返済をするとも報道されていました。このような国に対して、世界はもう投資もビジネスでの進出も二度としようとは考えないでしょう。

せめて、ロシア側から、「外国に置いてある我が国の外貨準備で返済させてください」くらいの交渉を持ちかけるような文明的な対応を期待したいところでしたが、到底、無理なようです。

ということで、ロシアは現在、デフォルトは何とか避けようとなりふり構わずやっているのですが、現実にデフォルトとなる可能性は高くなっています。

仮に逃れても、国際金融からの締め出しも決定的と見てよいかと思います。

【関連】ウクライナの次は北海道か沖縄か。戦争で奪われた領土を話し合いで返してもらえると思う甘さと浅はかさ=鈴木傾城

【関連】自称元Google竹花貴騎氏の経歴詐称は「やったもんがち日本」の縮図だ=栗原将

【関連】ウクライナ侵攻がこじ開けた「ビットコイン覇権」への道。ロシア制裁を追い風に価格上昇も=高島康司

image by:Maria Oleinikova / Shutterstock.com
1 2

海外移住から帰国した50歳男子の北海道くらし日記』(2022年3月7日号)より
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

海外移住から帰国した50歳男子の北海道くらし日記

[無料 ほぼ日刊]
9年間のタイ、フィリピンでの海外移住生活から帰国し、北海道暮らしをはじめた50歳男子が、久々の日本生活から感じることや、海外生活のメリット・デメリット、そして、地方暮らしの実際について独自目線で語っていきます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー