fbpx

新小岩駅は4位。「10年累計鉄道自殺数」でもっとも自殺の多い「死の駅」が判明

全国の駅「10年累計鉄道自殺数」が東洋経済オンラインに掲載された。国土交通省が事故情報の詳細をまとめた「運転事故等整理表」より、自殺の発生場所に登場した件数を集計している。

自殺発生の駅、駅を含むエリア(構内、駅間)を集計した結果として、上位10駅は下記となっている。

1位  西八王子駅(東京) 39件
2位  桶川駅(埼玉)   34件
3位  川崎駅(神奈川)  31件
4位  新小岩駅(東京)  30件
5位  新宿駅(東京)   30件
6位  八王子駅(東京)  30件
7位  茅ヶ崎駅(神奈川) 29件
8位  北本駅(埼玉)   24件
9位  国立駅(東京)   23件
10位 品川駅(東京)   22件

集計の期間は2005年度から2014年度の10年間。上位10駅はすべてJRの駅だ。

1位の西八王子駅と八王子駅は隣の駅で、合計するとこのエリアで69件となる。ここを挟む形となる豊田駅は10件、高尾駅では11件と減少し、西八王子、八王子駅間が突出して多いことが分かる。

2位の桶川駅も隣の北本駅が24件あり、2駅を合わせると58件に上る。

なお、JR東日本による1日の乗車人数1位は新宿駅で1日平均75万人が乗車する。10年自殺数では5位、30件だ。3位の川崎駅も20万人が乗車する。

比較して、八王子の1日乗車人数は8万5000人、西八王子は3万1000人。桶川、北本エリアではさらに減少し、桶川駅2万6000人、北本駅1万9000人となる。乗車人数にはこれだけの大差がありながら、自殺数では大規模駅を上回る。

八王子エリアでは、一体何が起こっているのだろうか…。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:東洋経済オンライン/全国521駅「10年累計鉄道自殺数」ランキング
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】英国EU離脱懸念の次に待ち構える米国発「イエレン・ショック」の中身=藤井まり子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー