fbpx

横浜カジノで「治安悪化」の大嘘。日本人が知らぬIR誘致の本音と建前とは=栗原将

カジノがなくても、すでに治安が悪い?

横浜にカジノができたら治安が悪化するとの反対意見が出ていますが、カジノがなくても、すでに治安が悪い地区はあります。

かつては横浜市民でしたので、それなりに知っていますが、関内駅から山側のエリア、福富町とか曙町など、映画『不夜城』の雰囲気です。

頻繁に違法カジノが摘発されていますが、街の浄化はされず、小さい子どもを連れて歩くような雰囲気ではありません。

当時は華やかだった伊勢佐木町モールもかなり雰囲気が壊れましたし、少し離れた地区の寿町はもはや治外法権で、白昼堂々と、競馬などのノミ行為の店舗が営業されていましたからね。

海外のカジノ都市は治安最悪なのか?

巨大カジノがあるシンガポールのマリーナベイ・サンズ周辺は、果たして、治安が悪いでしょうか?

実際は「真逆」です。

このあたりの事実を知らぬフリして、野党のアピールを垂れ流す放送局は「いかがなものか」と思いますね。

ギャンブルを違法にしても隠れてやるだけ

ちなみに私が現在暮らしているタイには、カジノはありません。ギャンブルは基本、違法です。

ですから、フィリピンと比べると中国人在留者は圧倒的に少ないです。それでも、時折、闇でオンラインカジノを営んでいた中国人が摘発されていますし、違法カジノは実際にあります。

以前、バーだと思って入ろうとしたら、メンバーシップだと言われたのですが、しつこく聞いたら、カジノだと教えてくれたものです。

このように、ギャンブルを違法にしても無くなるものではなく、地下に潜るだけなのです。

Next: 「本音と建前」で許されている日本のパチンコ。既得権益の打破は困難

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー