【訪米間近】安倍総理がアメリカを一日で味方にできる議会演説を考えてみた。

安倍首相
 

安倍総理が4月下旬から行う米国訪問で、日本の首相としては初となる上下両院合同会議で演説することとなりました。戦後70年の節目となる極めて重要な演説ですが、メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では、絶対してはいけない演説と理想的な演説の二つを掲載していましたよ。

【安倍総理必読】アメリカを一日で味方にする議会演説のやり方

安倍総理は29日、アメリカ連邦議会の上下両院合同会議で演説される。

今回は、この演説で、アメリカをがっちり味方にする方法を考えてみましょう。

▼犯しがちな間違い

まず、演説で犯しがちな間違いについて書いておきます。

【間違い1】日本の実績、安倍内閣の実績を延々と話してしまう

セールスマンの商品説明でもそうですが、「自分が優れていること」を伝えることは大事です。しかし 、あんまり延々とやると、アメリカの議員さんたちは「うんざり」することでしょう。自慢話は、ほどほどにしましょう。

では、何をするの?

皆さん、台湾のことが好きですね?

なぜですか?

台湾が、自慢話をしたことを聞いたことがありますか?

私はありません。

しかし、台湾はいつも、「私たちは日本が大好きです」といいます。それだけで、日本は台湾のことが 好きなのです。だから、安倍総理は、自分の実績自慢はそこそこにして、「私は、アメリカを尊敬している!」「私は 、アメリカが大好きだ!」「私は、アメリカの味方だ!」「アメリカはすごい国だ、人類の希望だ!」などと繰り返すべきです。

そうすれば、「右翼」「歴史修正主義者」などと呼ばれなくなるでしょう。

【間違い2】中国、韓国の悪口をいってしまう

自分の自慢話をするのと同様、中国と韓国の悪口をいうのも感心できません。演説の中で、中国や韓国 を名指しして批判することは絶対避けるべきです。

なぜかというと、アメリカの議員さんの中には、中国、韓国からたっぷり金をもらい、中韓の利益のた めに動いている人がいる。中韓を名指しで批判した途端、反発が強まり、安倍バッシングがはじまりま す。

【間違い3】歴史問題で弁明してしまう

これもありがちな間違いなのですが、中韓の反日プロパガンダに議会演説で対抗してしまう。

議会演説で説得力のある証拠を提示することは不可能。それで、総理が何をいおうと、すべて「醜い言い訳」ととられます。

歴史問題には触れることなく、できれば記者会見なども開かない方がよいでしょう。何か聞かれたら、「日本は第2次大戦について非常に強く反省している。日本はその反省の上に、70年間平和を維持してきた。今後も、日本が他国を侵略することなどありえない」などと、日本にもアメリカにも、中韓にもいいようにうまくいうべきです。

さて、ありがちな間違いを知ったところで、演説草案を考えてみましょう。

>>次ページ 安倍首相が米国で話すべきこと

print

  • 【訪米間近】安倍総理がアメリカを一日で味方にできる議会演説を考えてみた。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け