「オタク」と「ヲタク」はどう違う?仲間はずれ「ヲ」の役割とは

shutterstock_209401990 copy
 

普段なにげなく使っている日本語ですが、よく考えてみると不思議な文字表記ってありますよね。例えば、「オタク」と「ヲタク」は同じ意味でも印象が違います。メルマガ『1日1粒 !「幸せのタネ」』では、文字表記体系の中でも特別扱いされている「ヲ」について詳しく解説。ところで、日常的に「ヲ」使う場面ってありましたっけ…? 

「お」と「を」と「ヲ」

みなさんは「ヲタク」という表記は見たことはありますか?

オタクとは意味が違うそうです。

どう違うかは使う人によってこれまた異なるようですが。

この「ヲ」という文字。

平仮名の「を」に対応する片仮名なのですが、この文字は、文字表記の体系では仲間はずれの扱いです。

片仮名の表記に関しては、平成3年に出された外来語の表記』という内閣告示がひとつの「よりどころ」になります。

そこには

 ア イ ウ エ オ

 ガ ギ グ ゲ ゴ

 パ ピ プ ペ ポ

 キャ キュ キョ

 ン ッ ー

という一般的な文字と、少し外来語らしい

シェ フィ

などの文字と

ウィ トゥ ヴェ

などの外来語の原音・原つづりに近づけるための文字が一覧表として挙げられています。

全部で103ありますが、なんと「ヲ」はありません。

なぜでしょう?

「外来語」ですから,基本的には全て名詞です。

「を」は、日本語の中では「助詞」という文法的な機能面に特化した文字です。

ですから、名詞を表す時には使われることはない、というのが基本的な考え方となって、「ヲ」は表の中に出てこないんですね。

戦後、昭和21年に『現代かなづかい』が出されるまでは、歴史的仮名遣いで表記していました。

 「思い出」は「思ひ出」

 「買う」は「買ふ」

 「考える」は「考へる」

などと表記するものです。

少し古い書籍を開くとこのような表記に出くわします。

今では「お」に統一されましたが、

尾 十日 踊る 青い 悪寒 

などは

を とをか をどる あをい をかん 

と書くものだったのです。

ところが、『現代かなづかい』が定められた時に現代語の音韻にもとづいて表記する」ということで、「お」と「を」は同じ音なので、「に統一するとなったのです。

助詞の「を」は役割が別なので特別扱いです。

『現代かなづかい』は昭和61年に『現代仮名遣い』になりますが、基本的には同じ考えです。

ただ、『現代仮名遣い』も『外来語の表記』も、あくまで「よりどころ」です。

これ以外の方法で表記してはいけない、というものではありません。

ですから「ヲタク」などという表記をしても、それが大きな問題になるものではありませんが、表現上のユニークさは出てくるでしょう。

みなさんは、「ヲ」をどこかで見かけたことはありますか?

image by:Shutterstock

印刷する

 

1日1粒!「幸せのタネ」
「楽しく豊かな人生」を送るために役立つさまざまな気づきを,「学び」をキーワードに「幸せのタネ」として毎日お届けします。
<<登録はこちら>>

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 「オタク」と「ヲタク」はどう違う?仲間はずれ「ヲ」の役割とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい