ダイエットに、認知症予防に。大豆を美味しく食べられるお勧めレシピ

2016.01.15
15
by NozomiK
shutterstock_287756225
 

畑の肉、大豆。タンパク質が豊富なのは有名ですが、女性にも男性にもうれしい、知られざるすごいパワーを秘めているんです。 今回の『一石三鳥健康メルマガ』ではその大豆の効用、そしてこの時期オススメの豆腐の食べ方を紹介しています。

大豆 ~栄養編~

女性らしいきれいさを作る大事なものの1つが、女性ホルモンです。この女性ホルモンって、一生でどれくらい分泌されるかご存知ですか? 実は、ティースプーン1杯ほどといわれています。そんなほんのちょっとの量に女性は振り回されているのです。今日は、女性ホルモンのバランスを整えるとされている大豆についてお話します。

大豆は、古くから日本人に親しまれている食材の1つで、多くの食品や調味料として加工されています。また、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと化学構造が似ている、イソフラボンを多く含んだ食材ですね。別名、畑の肉といわれるほど、タンパク質豊富な食材です。ここまでは皆様よくご存知のことと思います。

大豆にはこのほかにも、あまり知られていないものすごいパワーが秘められています。まず、前回特集したごぼうと同様、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。またごぼうにも含まれていたサポニンという物質も入っているので、肥満予防血流改善老化防止効果があります。

さらに見逃せないのが、大豆レシチン。レシチンは若返りの栄養素と言われています。若返りですよ? ウキウキしますね。レシチンはさまざまな食品に含まれていますが、特に含有量が多いのが大豆と卵黄です。大豆レシチンは体の掃除係であり、血管にこびりついた老廃物を外へ押し出す働きがあります。血流がよくなり、美肌になれそうです。さらに、記憶力を向上させる効果が期待できます。レシチンが不足すると神経伝達物質がうまく作られなくなることがわかっています。記憶力や集中力をアップするとともに、認知症の予防が期待できます。

ただ1つ注意しなければいけないのは、同じレシチンでも、大豆レシチンは卵黄レシチンに比べて脳への作用が弱いとされています。血管を掃除するのが大豆レシチン、頭をよくするのが卵黄レシチンと覚えてください。

print

  • ダイエットに、認知症予防に。大豆を美味しく食べられるお勧めレシピ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け