がんに動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞にも?男こそ食べたほうがいい生姜

shutterstock_272942207
 

身体を温める効果があり冷え症に効くというイメージから、女性に人気の生姜。しかし他にも、男性こそ積極的に摂ったほうがいいと思えてしまう多くの健康効果が期待できるそうです。さらに、無料メルマガ『一石三鳥健康メルマガ』によると、食べ方を間違えてしまうと、逆に身体が冷えてしまう可能性もあるようで……。ぜひご一読のうえ、会社のOLさんが間違った食べ方をしていたら教えてあげてくださいね。

生姜 ~栄養編~

暑いからと言ってビールやアイスなどの冷たいものを山のように食べるのは、不調の元です。今日はその不調を吹き飛ばしてくれるかもしれない食べ物をご紹介します。

それが今回から扱う生姜です。今スーパーで見かける生姜は、白っぽいものとそれより黄色っぽく小さいものがあります。実はそれらは全部同じ生姜です。収穫や出荷の時期で呼び名が変わります。

生姜をつくるときは、まず種生姜とよばれる生姜の球根のようなものを植えます。それから出てきたものが葉生姜です。「はじかみ」として、酢漬けにして食べるのが一般的です。5月ころに出回るものなので、今はスーパーでは見かけないかもしれません。新生姜と呼ばれるものは、収穫したての若い生姜の事です。6月ごろから9月くらいまで出回ります。その新生姜を数か月貯蔵庫に保管したものが、おなじみの黄色い生姜です。根生姜やひね生姜とも言います。

生姜は、冷えを感じるときに体を温めるために食べるものというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、生姜のメリットはそれだけではありません。まず、月経痛関節痛やのどの痛みを緩和する効果があります。ガンの発生増殖転移を抑えてくれます。また、動脈硬化や脳卒中、また心筋梗塞を防ぐ効果、さらには、この時期にうれしいダイエット効果も期待できるのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • がんに動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞にも?男こそ食べたほうがいい生姜
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい