探偵が告発。山梨「女子中学生髪切り事件」の信じ難い情報漏えい

shutterstock_550302526
 

以前掲載し大きな反響を呼んだ「探偵が激怒。女子中学生髪切り事件の黒塗りだらけな調査委員名簿」、「探偵が脅迫覚悟で暴露。女子中学生髪切り事件の驚くべき異常事態」の2記事で、学校サイドや山梨市教育委員会の信じ難い対応を白日の下に晒してきた、現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さん。その「山梨断髪事件」に、深刻な問題が起きていたことが発覚しました。阿部さんは今回、自身のメルマガ『伝説の探偵』で、市教育委が情報を漏洩させた事実と、独自に入手したその情報の「現物」を公開。さらに被害者を排除したいとしか思えない学校サイドの呆れた対応を厳しく批判しています。

【関連記事】
探偵が激怒。女子中学生髪切り事件の黒塗りだらけな調査委員名簿
● 探偵が脅迫覚悟で暴露。女子中学生髪切り事件の驚くべき異常事態

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

 

山梨断髪事件、情報漏洩・隠蔽問題続報

山梨県山梨市で起きた「女子中学生断髪事件」に動きがあった。すでに全国紙などでも報じられているが、被害側が市を提訴したのだ。事件の概要は、こうだ。

腰の長さまで髪の毛があったハーフの女子生徒が、いじめの被害に遭い、その指導の一環として、教員らが二人、工作ハサミで髪の毛を整えてあげると言って、左右非対称に、さらに短く切ってしまった。これを原因として、少女は適応障害を起こしてしまったという事件だ。

相当ディテールを割愛しているので、詳しくは、下記の記事を参考にしてもらいたい。

探偵が激怒。女子中学生髪切り事件の黒塗りだらけな調査委員名簿
探偵が脅迫覚悟で暴露。女子中学生髪切り事件の驚くべき異常事態

市側が提訴を回避する機会はいくつもあった。しかし、この事件に蓋をしようとするばかりで、解消に向けての動きはほとんど見られなかったのだ。結果、被害側を追い込む形となり、提訴する以外、他に方法が無くなってしまったのだ。

他の市区町村で起きれば、断髪教員は、一発処分、ニュースになって、場合によっては傷害罪で逮捕に至るような事件だ。

事件は収賄市長時代

この事件は、現市長の時代に起きたのではなく、全国が震えた山梨市市長の収賄事件や文書偽造やその行使の時代の事件である。

市の職員の採用で不正が発覚し、市長が逮捕されて有罪が確定するという前代未聞の事件は、その当時、誰もが、そこは現代の日本なのかと驚いた。

市の教育行政トップは教育長であり、この教育長の多くは市長が任命する。この市長当時、多くの主要な役職は、彼とつながりが深い人物ばかりが起用されていたことは有名な話であった。

こうした教育行政下で起きた事件であったということはあまり書かれていないことだが、教育行政はその素地になることだから重要な要素であるのでここで記載する。

ここでもあった記録がない

断髪事件の被害者は、全く有効な動きをしない学校に憤りを感じ、弁護士に依頼をして市長宛に、時の教育長が、いじめ防止対策推進法に違反する行為をしたり、文科省のガイドラインに数々の違反をしていること、学校事故に関しても当然の対応をしていないところを指摘する通知を行なっている。

この手紙は、当然市長宛であり、内容は教育長らを糾弾するものであるから、市長に届くはずだ。いや、日本の行政であれば、市長の目に届かない可能性もあろうが、少なからず、市長直下の市長部局には届いているはずであった。

ところが、この手紙は、総務課の担当局に届くと、教育委員会(事務局)に内部で送られてしまったのだ。のちの開示請求では、市長部局にはこの手紙の記録はないことばかりか存在すらも記録がないことが明らかになっている。

ところが、この手紙に対しては、誰が書いたか不明ではあるが、返事が書かれているのだ。

市長宛の手紙を一体誰が、返事を書いたのであろうか、もはやオカルトのような出来事が発生しているのだ。

一方、市長への手紙のコーナーという形で開設されているメールフォームでの相談は、市長部局に保管されており、関係者の共有が行われた。

一体どういう仕組みなのだろうかと思ってしまうが、開示請求で得られた事実をそのまま受け入れるしかなかろう。

ただ、こうした仕組みの問題が、本来の問題に具体的な対応が見られなかった原因の1つであろうことは事実だ。

print

  • 探偵が告発。山梨「女子中学生髪切り事件」の信じ難い情報漏えい
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け