「部屋干し臭」とサヨナラ。1度ついたニオイも取れる正しい洗濯法

2020.06.26
2
by tututu
 

3.洗剤は適量で、水分量は多めに

image by:Unsplash

汚れがひどかったり、柔軟剤の香りをもっとつけたくなったり…洗剤って、多めに使いたくなりませんか。でも、これNGなんだそうです。というのも、洗剤の量が多すぎると泡が立ちすぎて、逆に汚れが落ちなくなるから。やっぱり適量がいいんですね、「適量」っていってるんだから当たり前か…。

また、洗い残しは黄ばみの原因になります。洗いやすすぎを十分に行なうためには、洗剤の量を守るだけでなく、水分量も多めにすることを心がけましょう。理想とされているのは、洗濯物の量は水に対して6割。梅雨のシーズンは、私もケチケチ節水せずにたっぷり水を使うようにします。

正しい干し方

ニオイを出さないコツは「5時間以内に乾かす」こと。すばやく乾かすためには、以下の8つを実践してみてください。

  • 洗濯物同士の感覚を十分にあける
  • 除湿機(なければエアコンや扇風機)を使用する
  • 夏場は27度、冬場は20度くらいに部屋の温度をキープ
  • なるべく狭い部屋に干す
  • 靴下はリブを上にして、内側に空気を入れるように干す
  • 厚手のジーンズはポケットが乾きにくいため、裏返しにして筒状に干す
  • 洗濯物はなるべく重ならないように
  • 湿気がたまりにくい高い場所に干す
print
いま読まれてます

  • 「部屋干し臭」とサヨナラ。1度ついたニオイも取れる正しい洗濯法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け