fbpx

ビル・ゲイツ離婚の真相。婚前から続く女性関係、税金逃れの慈善団体に我慢の限界=浜田和幸

ビル・ゲイツ氏の異常な女性関係

「仮面の夫婦」を演じるのに、ほとほと疲れたといったところであろう。

ゲイツ氏との間に2人の娘と1人の息子をもうけ、育児と家事に加えて、夫の立ち上げた慈善団体の管理という仕事に追われる生活であった。

一番下の子供が18歳になった機会に、早々と離婚を迫った模様である。

というのも、世界有数の大富豪とは言うものの、ゲイツ氏のプライベートライフは外からはうかがい知れない“超常識の世界”だったと思われるからだ。

メリンダ夫人にとって最大のフラストレーションは、夫ゲイツ氏の女性関係であった。

これまで、あまり表に出なかったが、ゲイツ氏にはメリンダ夫人と結婚する前から長年に渡って付き合っていたアン・ウィンブラッドというIT経営者がいた。

1984年、コンピュータ関連の会議で知り合った2人であるが、ゲイツ氏より5歳年上のアンは出会った頃にはゲイツ氏よりもはるかに稼ぎが良く、デートや旅行に出かけるにしても、毎回、お金は彼女が支払っていたという。

アンさんによれば「私と付き合い始めた頃のビルは大した男ではなかった。私を喜ばせようと、私の真似をして肉を食べなくなったわね。一緒に旅をして、未来のビジネスプランを語り合ったことで彼も成長したみたい」。

ゲイツ氏も負けてはいない。

「彼女の頭脳は半端ない。しかもビジネスに向き合う姿勢はウォーレン・バフェットを思い起こさせる。天才といえる」。

まさに、べたぼれ状態だったようだ。

しかし、自尊心の強いゲイツ氏は、頭の上がらない女性との結婚には二の足を踏む。

結婚時の約束は、恋人との交際を認めること

そんな時にゲイツ氏が見初めたのが、自分の会社で働くメリンダさんであった。

自分の部下の女性と結婚しようか迷っていた時にも、アンさんの意向を確認したという。

その時のアンさんの答えがふるっていた。

曰く「メリンダは優秀な女性のようだ。しかし、あなたにはもっと相応しい女性がいるはずね。なんなら紹介してもいいわよ」。

悩んだゲイツ氏はメリンダさんと結婚を決めたのだが、その時にメリンダさんと交わした約束の中には、結婚後もアンさんとの交際を認めることが記載されていたとのことだ。

Next: 結婚後も毎年「恋人」と長期休暇旅行へ。罪深い大富豪の裏の顔

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー