fbpx

GDP回復!日本株高の背景にある12の理由

日本のGDPデフレーターが17年ぶりにプラス転換!

『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2月20日号より一部抜粋

「2014年10月─12月の日本のGDP成長(速報値)」が発表になりました。事前には、年率&実質3%台後半のV字回復が期待されていましたが、この期待には届かず、年率&実質2.2%に留まりました。

し かしながら!!!この日の速報で、日本のGDPデフレーターが2014年は大きくプラスに転換していたことが判明しました!!!2014年は前年比で 1.6%ものプラスでした!!!GDPデフレーターのプラス転換は、なんとなんと17年ぶりです!「2014年10-12月期」に限って見ると、GDPデ フレーターは前年比で2.3%もの上昇です!

政府が「デフレ脱却宣言」を行うには、もっとちょっとGDPデフレーターが安定的にプラスで推 移することが必要ですが、マクロ経済の世界では、2月16日の統計発表「2014年のGDPデフレーターが17年ぶりにプラス転換!」は、なんともエポッ クメイキングな日でした。ちょっと遅れた「黒田日銀によるマーケットへのバレンタイン・プレゼント」だったのかもしれません。

このGDPデフレーター統計に海外の投資家が注目しないわけがありません!

日 本国内の報道関係者や、さらには、日本国内のプロ・エコノミストなどと呼ばれている経済専門家の人々は、日本が25年不況に苦しむ中で、学習をすっかり 怠ってしまっていました!彼らプロたちは、いまだに、25年デフレの中で、「マクロ経済の基礎の基礎」についてとてもとても疎いところがあるのです。

彼ら日本国内のプロの人々のほとんどが、「中銀の金融緩和は効く!」ことも、よく分かっていないし、「GDPデフレーターの17年ぶりのプラス転換はすごいことなんだ!!!」という単純なことも、まだよく理解できていないところがあるのです。

今回の上げ相場も、美味しいところはほとんど外人に持って行かれてしまうかもしれません。

驚くべきことなんですが、これが「日本国の真実」なんです。25年もの不況(デフレ)が続いて、頑張っても報われない時代があまりにも長く続くと、識者と呼ばれる人々の知性までもが、とても劣化してしまっているんですね……。

(アベノミクスでがっぽり稼げたのは、ここ「~勝利の女神~」の読者さま以外では、そのほとんどは、外人だったということです。)

でも、ず~とインフレだった海外の投資家は違うんですね!インフレですと、頑張れば報われるので、マクロ経済学の知性は劣化していなかったのです。

2月16日の「GDPデフレーター・プラス転換」を引き金にして、足の短いヘッジファンドたちも、足の長い長期保有目的の地道な海外機関投資家たちも、日本株式市場に流れ込み始めた模様です!

もちろん、「日本株高」への「引き金」を引いたのは、16日の「GDPデフレーター」でしたが、この「日本株高」の背景にあるのは、以下のような「メガトレンド」です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい